特殊清掃の料金・流れ

特殊清掃の流れ

特殊清掃は

簡易的な清掃
遺品整理
本格的な特殊清掃

という順番で行うのが一般的です。 本格的な特殊清掃を行うためには、部屋の隅々まで消臭を行うために家を空っぽにしないといけません。 そのため、本格的な特殊清掃を行う前に遺品整理を行う必要があります。 また部屋に体液が残っていたり、あまりに臭いが強いと作業に支障が出るため、最初に簡易的な特殊清掃を行う必要があります。 以上の事を考えると、最初に示した様な順序になるのです。 リフォームが必要となる場合は、本格的な特殊清掃の後に行います。

特殊清掃の料金相場

孤独死・自殺された方のお部屋をきれいにする場合、

料金 = 特殊清掃料金 遺品整理料金 リフォーム料金

となります(遺品整理・リフォームは不要な場合もあります)。 料金は、パターンによって大きく変動しますが、目安としては以下の様になっています。

特殊清掃
簡易的な特殊清掃  ¥60,000〜200,000

となります(遺品整理・リフォームは不要な場合もあります)。 料金は、パターンによって大きく変動しますが、目安としては以下の様になっています。

本格的な特殊清掃  ¥150,000〜300,000

リフォームせずに完全消臭したい場合など。

遺品整理
¥100,000〜400,000

物の量によって料金が大きく異なります。

リフォーム
¥150,000〜600,000

施工内容によって料金が大きく異なります。

費用はこの他にも死後経過日数・季節などによって大きく変化します。 また、安すぎる見積もりは雑な施工や追加料金の発生などのリスクがあります。 現地での業者の見積もりでやっと正確な値段は分かります。 お見積りはもちろん無料なので、まずはご連絡ください。