特殊清掃プロとは

特殊清掃を取り巻く変化

1970年代は孤独死が起こると、新聞に載るほどの騒ぎになっていました。 しかしその後、地域との関りが希薄になったり、核家族化したことにより、孤独死の件数は年々増加していきました。 2018年の孤独死件数は東京23区内だけでも3,882人に上りました。これに伴い、特殊清掃の件数も伸びています。

特殊清掃の業者

そんな中、特殊清掃業者が増えています。特殊清掃には免許が必要ないので、特殊清掃ができますと言うのは簡単です。 そのため特殊清掃ができることを謳っているものの、特殊清掃の実績がほとんど無いような業者もいます。 また、悪質な業者だと記載されている住所が空き地だったりする場合もあるようです。 特殊清掃をするには、精神的にタフであるだけでなく、知識と技術が必要になります。消臭に用いられるオゾン消臭器の購入するのにも、100万円以上かかります。 しっかりと特殊清掃するためには、そんなに参入するのが簡単ではない業界なのです。

特殊清掃業界の特徴

コンビニ業界は多店舗展開しているので、どこに行っても名前の知っているコンビニがあり、同じようなクオリティのサービスがが受けられます。 しかし特殊清掃業界は小さな業者が集まって形成されているので、どこに依頼すればいいか悩んでしまう方が多いです。 また、特殊清掃をするのは初めての人がほとんどで、情報が少ない上で進めていかなければなりません。

〜私たちの想い〜

そこで、私たちは「特殊清掃をする人が不利益を被らない」「少しでも満足のいく特殊清掃が出来る」 ことを目指してサービスを提供しております。 特殊清掃プロで少しでも多くの方が不安を解消できましたら幸いです。まずはご相談からでも歓迎ですので、ぜひ特殊清掃プロにご連絡ください。