栃木県の特殊清掃・孤独死清掃に対応しているおすすめの業者

栃木の特殊清掃の相場

料金の目安
1K 35,600円〜
1DK 59,000円〜
1LDK 83,000円〜
2DK 120,000円〜
2LDK 143,000円〜
3DK 167,000円〜
3LDK 187,000円〜
4LDK 235,000円〜

※亡くなった場所や、亡くなってからの経過時間、消臭が必要な箇所などで料金は変動します。あくまで目安として参考にしてください。

栃木の特殊清掃事情

住宅と空き家
住宅数 928,000
空き家数 161,000
空き家率 17.4%

出典:平成30年住宅・土地統計調査


年齢別人口数
年齢 総数
総数 1,942,313 969,558 972,755
75歳以上 266,311 106,887 159,424
75歳以上率 18.0% 11.0% 16.4%

出典:令和元(2019)年栃木県の人口(栃木県毎月人口調査報告書)


世帯数
総数 744,000
75歳以上単独世帯数 30,000
75歳以上単独世帯率 4.0%

出典:日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)


栃木の住宅数は928,000戸、そのうち空き家が161,000戸、空き家率は17.4%となっています。

全国の空き家率の平均が13.6%なので、栃木は空き家率の高い地域といえます。


人口の総数は1,492,313人、75歳以上が266,311人、75歳以上率は18.0%です。

後期高齢者(75歳以上)の割合は全国平均14.2%と比べてもかなり高い水準で、高齢化の進んでいる地域といえるでしょう。


世帯数は744,000、後期高齢者の単独世帯数は30,000、後期高齢者の単独世帯率4.0%となっています。


後期高齢者の単独世帯数は比較的抑えられているものの、後期高齢者の数は多い傾向です。

栃木の特殊清掃業者の選び方

栃木県は、宇都宮市に特殊清掃業者が集中しています。業者の数は少なくないので、比較的安く依頼することができるでしょう。。


一方で業者数が多いとどこに依頼すればいいのか、迷ってしまうこともあるかと思います。その場合、以下に挙げるポイントも参考にしてみてください。


担当者の態度や対応に問題ないか

特殊清掃業者は、依頼者の不安やショックを理解した上で、対応してくれることが多いです。また、問い合わせの段階で丁寧に対応・説明してくれるので、依頼者側にとっても頼もしい限りです。


しかし、中には冷たい対応をされたり、素人のような態度・言葉遣いをしている低品質な業者も存在します。業者を比較検討する際は、問い合わせ時の態度や言葉遣いなどにも注目しましょう。


料金の内訳は明確か

担当者から提示された見積書の各項目の内訳が明確かどうかにも注意が必要です。特殊清掃は一般人にとって、どのような作業内容でどこに費用がかかるのか分かりません。


優良な特殊清掃業者は、常に依頼者視点で費用の内訳を作成していますし、依頼者からの料金や作業項目に関する基礎的な質問にも丁寧に回答しています。


万が一見積書の内容が曖昧だったり、こちらの質問に対して冷たい対応を行ったり回答しなかったりする業者の場合は、要注意です。


解体許可など資格を持っているか

孤独死などの現場では、床下や内壁にまで体液や血液などが浸透していることもあります。そのため、解体・リフォームといった、専門的な資格・技術も必要です。


しかし、解体許可を受けていない特殊清掃業者では、解体工事やリフォームまで対応できません。業者を選ぶ時は、解体許可を受けているかどうか公式サイトや問い合わせで確認しましょう。


他にも遺品整理に必要な廃棄物処理法や遺品の取扱に詳しい、遺品整理士の資格の有無も公式サイトから確認してみましょう。こちらは必須資格ではありませんが、保有していると遺品の整理に関する実務業務まで理解しています。ですので、遺品整理士の取得済み業者から選ぶのが好ましいでしょう。


買取を行う業者の場合は、古物商許可・古物商許可番号の取得有無を確認してみてください。古物商許可をとっていない遺品・中古品買取は違法ですので、要注意です。


栃木の特殊清掃でよくありがちなトラブル

中途半端な清掃

虫や汚れ、体液や血液などが付着している現場は、徹底した清掃・消毒が必要です。しかし、中途半端な清掃を行う低品質な業者や実績の少ない業者に依頼してしまうと、汚れや異臭・不衛生な部分が残ってしまいます。


さらに、床下や内壁・梁などに体液や血液が深く浸透している場合は、解体・リフォームもしなければ消臭・見た目の改善も望めません。


優良な特殊清掃業者を探すためには、公式サイトで業者の作業実績を確認し、経験が豊富かどうかを確認しておきましょう。また、1度の作業で消臭できないような現場に備えて、アフターフォローサービスがあるかどうかも確認しておくと安心です。


不当な追加料金の請求

悪質業者は、高過ぎる見積りの他、追加料金でお金を巻き上げようとしてきます。また、依頼後の不当な追加料金を請求する場合は、あの手この手で言い訳をし、どうにかして費用を支払ってもらおうと画策します。


このような業者へ相談しないためには、事前に評判を確認しておきましょう。さらに問い合わせの段階で、追加料金の有無などを確認しておくのも大切です。


雑な対応などでストレスを受ける

身内のご遺体を見てショックを受けているタイミングで、業者の無神経な言動や態度などを受けるのは不本意ですし大きなストレスです。


優良な業者であれば、依頼者の心情を理解しているので、言葉1つとっても配慮しながら、丁寧に打ち合わせや説明を行います。


業者を選ぶときは、問い合わせの段階で親身になって対応してくれるかどうかにも注意が必要です。


栃木で特殊清掃を依頼する流れ

ご遺体の発見・警察へ通報

ご遺体を発見した場合は、速やかに警察へ通報し状況説明も行います。警察は現場へ到着後、現場検証を実施し事件性の有無などを判断します。


現場検証時には、親族でも現場へ立ち入ることはできませんので、外で待機しましょう。


特殊清掃業者への問い合わせ・見積もり

現場検証が完了し、警察より入室許可が出た場合は、特殊清掃業者への連絡と訪問調査・見積もりをとってもらいます。また、特殊清掃業者は、連絡時に訪問調査の日時や大まかな予算・作業日数など、段取りをスピーディに依頼者へ伝えます。


ちなみに特殊清掃業者への連絡だけであれば、入室許可以前でも可能です。


消毒・消臭作業

見積りと契約完了後は、指定した日時に担当者が現場へ伺い、作業準備、消毒・消臭作業を実施します。ちなみに消毒・消臭作業には、特殊な薬剤を使用するので依頼者は外で待機するのが基本です。


たとえば濃度を濃くした二酸化塩素やオゾン脱臭機などで、部屋全体の消毒・消臭を行います。


特殊清掃・遺品整理作業

消毒・消臭作業後は、清掃作業と遺品整理作業を進めていきます。清掃作業では、ご遺体から床や家具・家財道具へ流れ出した体液や血液などを丁寧に清掃し、個別に消臭・消毒も施します。


遺品整理作業では、腐食のひどい家具・家財道具を回収・処分し、状態の良い物品や思い出の品などを保管・仕分けするのが特徴です。


解体・原状回復工事

床下や壁の内側にまで汚染が深く進行している場合、表面の清掃・消毒・消臭だけでは異臭や腐食を完全に除去できません。また、現場が2階以上の場合、下の階の天井・壁にまで血液・体液などが進行していることもあります。


そのような場合には、該当箇所の解体・リフォーム工事、もしくは部屋全体をリフォームするのが一般的です。リフォーム後は、再度念入りに消毒・消臭を行います。

栃木県の市区町村から特殊清掃業者を探す