茨城県の特殊清掃・孤独死清掃に対応しているおすすめの業者

茨城の特殊清掃の相場

料金の目安
1K 37,000円〜
1DK 60,000円〜
1LDK 82,000円〜
2DK 112,000円〜
2LDK 138,000円〜
3DK 167,000円〜
3LDK 187,000円〜
4LDK 262,000円〜

※亡くなった場所や、亡くなってからの経過時間、消臭が必要な箇所などで料金は変動します。あくまで目安として参考にしてください。

茨城の特殊清掃事情

住宅と空き家
住宅数 1,328,9000
空き家数 197,200
空き家率 14.8%

出典:平成30年住宅・土地統計調査


年齢別人口数
年齢 総数
総数 2,921,433 1,464,778 1,456,655
75歳以上 412,786 171,134 241,652
75歳以上率 14.1% 11.7% 16.6%

出典:住民基本台帳による茨城県の世帯と人口


世帯数
総数 1,087,000
75歳以上単独世帯数 41,000
75歳以上単独世帯率 3.8%

出典:日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)


茨城の住宅数は1,328,900戸、そのうち空き家が197,200戸、空き家率は14.8%となっています。

全国の空き家率の平均が13.6%であることから、茨城は平均よりも空き家率が高い地域と言えます。


人口の総数は2,921,433人、75歳以上が412,786人、75歳以上率は14.1%です。

後期高齢者(75歳以上)の割合は全国平均の14.2%と同程度です。


世帯数は1,087,000、後期高齢者の単独世帯数は41,000、後期高齢者の単独世帯率3.8%となっています。


日本全体と同様、茨城も後期高齢者の数、単独世帯数はともに増加傾向にあり、孤独死の数も増加しているのが実情です。

茨城の特殊清掃業者の選び方

後期高齢者数や空き家率など各種指標が増加している茨城ですが、特殊清掃を請け負う業者数は特別に多いわけではなく、都市部と比べると料金相場は高めです。

業者数は少なくても、しっかりと信頼できる業者を選ばなくてはいけません。どの業者に依頼しようか迷った時は、以下に挙げるポイントを参考にしてください。


対応が丁寧・親切か

良心的な業者かどうかは、電話応対だけでも分かります。社員教育が行き届いているなら、電話で問い合わせた時でも丁寧に対応し、ちょっとした疑問にも分かりやすく答えてくれるでしょう。

対応が親切な業者は、仕事も丁寧に行う傾向にあります。せっかく依頼したのにやり直しが必要…ということにならないためにも、応対が親切な業者を選びましょう。


料金の内訳が記載されているか

信用できる業者かどうかは、見積書だけでもチェックすることができます。大雑把に合計額だけが書かれていたり、備考欄に「状況による」と注記することで明確な料金提示を避けたいたりする場合は、少し注意する必要があるでしょう。

特殊清掃を何度も依頼することはないからこそ、利用者には何を行うか、また相場はいくらなのか分かりにくいものです。誠実な業者なら、利用者の立場に寄り添って、料金の内訳を明確にして納得できるまで丁寧に説明してくれるでしょう。


資格を持っているか

特殊清掃だけでなく遺品整理も依頼する場合には、遺品整理士の資格を保有しているスタッフがいることもチェックしてみましょう。遺品整理士は廃棄物処理法を理解し、遺品を丁寧に仕分ける専門家で、必要に応じて供養についても相談することができます。

また、古物商許可証を有する業者なら、不用品を買い取ってもらうこともできます。遺品の中に買取可能なものが多くあるなら、特殊清掃等にかかる費用を抑えることができるでしょう。


茨城の特殊清掃でよくありがちなトラブル

臭いが残る

表面的な汚れだけを取り除いても、臭い全体を取り除くことはできません。汚れが床下や壁の内側まで浸透している可能性もあるので、臭いの原因にまでアプローチしてくれる業者を選ぶ必要があります。仕事の早さではなく丁寧さに自信を持つ業者に依頼するようにしましょう。

業者のホームページなどから、作業実績を確認しておくことも大切です。アフターサービスを実施している業者なら、トラブルが起こった場合も安心です。


請求額が見積額よりも高い

きちんと見積もりをしてくれる業者を選ぶことも大切です。見積書に「現場の状況によります」などといった文言が記載されている場合、見積額よりもはるかに高額な金額を請求される可能性もあります。後でトラブルにならないためにも、正確に見積もってくれる業者を選びましょう。


思いやりのない言動

ほとんどの方は、人生で何度も孤独死の現場に立ち会うことはありません。ましてや身内が亡くなったとなると、強いショックを受けてしまうものです。

誠実な業者なら依頼主の立場に立った対応をするものですが、一部の業者は思いやりがなく無神経な言動を取ることがあります。心に傷を負わないためにも、問い合わせ時や見積もり時の対応も含めて親切な業者を選ぶようにしましょう。


茨城で特殊清掃を依頼する流れ

遺体の発見・通報

ご遺体を発見した時、また、ご遺体が発見されたと大家さんや近隣の人々から連絡を受けた時は、すぐに警察に通報します。

現場検証をしてもらい、事件性の有無を判断してもらいましょう。なお、警察が検証している間は、たとえ親族であっても立ち入りは禁じられます。


葬儀会社や特殊清掃業者への連絡

警察より入室許可が出たら、葬儀会社や特殊清掃業者に連絡して見積もりをとってもらいます。

ただし、業者への連絡だけなら、警察が現場検証を完了する前にすることも可能です。現場の状況を伝えることで、早めに費用の目安を教えてもらえることもあります。


消毒・消臭作業

特殊清掃作業を開始する前に、臭い除去や感染症予防のために、消毒・消臭作業が行われます。作業中は依頼主も立ち入りは原則禁止です。


特殊清掃・遺品整理

清掃作業および遺品整理作業を行っていきます。

汚れが広範囲にわたる場合は、清掃作業の時間や費用が高額になります。


原状回復工事

表面的な清掃作業だけでは不十分なときは、床材や壁材を剥がして、必要に応じてリフォーム工事を行います。

リフォーム後には、再度消毒・消臭を行って完了です。なお、天候や風通しの良さにもよりますが、臭いが完全になくなるまでに1週間ほどかかることもあります。


茨城県の市区町村から特殊清掃業者を探す