全国250社の優良業者の中から、
あなたに合った特殊清掃業者を
ご紹介します。
業者を選びきれない方・不安で相談を
したい方はまずご相談ください。

福島県の特殊清掃・孤独死清掃に対応しているおすすめの業者

福島の特殊清掃の相場

料金の目安
1K 36,900円〜
1DK 58,000円〜
1LDK 83,000円〜
2DK 107,000円〜
2LDK 142,000円〜
3DK 165,000円〜
3LDK 188,000円〜
4LDK 237,000円〜

※亡くなった場所や、亡くなってからの経過時間、消臭が必要な箇所などで料金は変動します。あくまで目安として参考にしてください。

福島の特殊清掃事情

住宅と空き家
住宅数 863,000
空き家数 123,000
空き家率 14.3%

出典:平成30年住宅・土地統計調査


年齢別人口数
年齢 総数
総数 1,840,139 91,146 92,867
75歳以上 295,471 114,059 181,412
75歳以上率 16.1% 12.5% 19.5%

出典:過去の結果(年齢(5歳階級)別推計人口)


世帯数
総数 719,000
75歳以上単独世帯数 36,000
75歳以上単独世帯率 5.0%

出典:日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)


福島の住宅数は863,000戸、そのうち空き家が123,000戸、空き家率は14.3%となっています。

全国の空き家率の平均が13.6%ですので、福島は空き家率の高い地域もしくは空き家数の増加傾向などが考えられます。


人口の総数は1,840,139人、75歳以上が295,471人、75歳以上率は16.1%です。

後期高齢者(75歳以上)の割合は全国平均の14.2%と比べても高い水準で、高齢化が進んでいる地域の1つです。


世帯数は719,000、後期高齢者の単独世帯数は36,000、後期高齢者の単独世帯率5.0%となっています。


後期高齢者の数、単独世帯数は低い水準とはいえない傾向で、今後孤独死の増加も懸念されます。

福島の特殊清掃業者の選び方

福島県の特殊清掃業者は、福島市や郡山市に集中していて他の地域ではあまり見当たらない状況です。福島市や郡山市以外に住んでいる方は、出張エリアをよく確認しておきましょう

また、出張エリアだけでなく以下に挙げるポイントを参考に特殊清掃業者を選んでみてください。


顧客対応は問題ないか

特殊清掃業者は、孤独死などにショックを受けている依頼者の心境に配慮しながら対応してくれます。しかし、一部の低品質な業者は、問い合わせや依頼後の連絡時など、さまざまな場面において無神経な言動が見受けられます。

このような業者を選ばないように、まずは問い合わせ時の態度・言葉遣いをよく確認しておきましょう。


料金の内訳をオープンにしているか

業者から提示された見積書を確認するときは、各費用項目が明確に記載されているかにも注目しましょう。

特殊清掃にかかる費用の内訳は、利用者にとって分かりづらい部分です。優良な特殊清掃業者は、利用者視点で料金の内訳を明確・詳細に記述しますし、料金に関する疑問・質問にも丁寧に対応してくれます。

担当者が曖昧な回答を繰り返す場合は、どんぶり勘定で請求している可能性があるので、要注意です。


特殊清掃に必要な資格を持っているか

対応や見積もりに問題がないものの、どうしても契約に迷う場合は保有資格について確認するのもおすすめです。

たとえば遺品整理士の資格所有について確認してみましょう。遺品整理士は、廃棄物処理法の知識や遺品の取り扱いに関する専門的知識を身に付けられる資格です。

さらに買取対応も行っている業者の場合は、古物商許可の取得実績や古物商許可番号が公式サイトに記載されているかどうかも確認してください。古物商許可のない遺品買取は違法ですので、依頼しないようにしましょう。


福島の特殊清掃でよくありがちなトラブル

技術力の低さが原因で異臭が残る

技術力の低い特殊清掃業者が消臭・消毒作業を行っても、異臭が残りやすく、再度別の業者へ依頼しなければいけません。このようなトラブルに遭うと、時間とお金の無駄になってしまいます。

対策としては、公式サイトで作業実績をチェックしたり口コミサイトなどで経験が豊富かどうかを確認したりしましょう。

ただし、しっかり作業を行う業者であったとしても、現場の状況によっては異臭が残ってしまうことがあります。

業者を比較検討するときは、1回で異臭を除去できないケースに備えてアフターサービスを用意しているかどうかも確認してみるのが大切です。


見積書に記載されていない追加料金の請求

悪質な業者の中には見積もり時に記載していない高額な料金を、追加請求してくることもあります。そのような業者は見積書に、「現場の状況によります」などの曖昧な文言を盛り込み後から言い逃れできるようにしています。

見積もりを提示されたときは、料金の内訳や注意事項なども確認し、その場で追加料金の有無も質問してみるのが大切です。曖昧な言動を繰り返す場合は、追加料金の請求リスクもあるので別の業者へ依頼を検討しましょう。


無神経な言動などを受ける

身内のご遺体を見てショックを受けているときに、業者から失礼な言動・態度を取られてしまっては余計なストレスを抱えるだけです。

通常、特殊清掃業者は、依頼者の心理状況も理解した上でコミュニケーションを取るので、余計なストレスを抱える場面は基本的にありません。

見分ける方法としては、問い合わせ時の対応で確認してみます。たとえば事務的な対応や冷たい態度が少しでも感じられたら、別の業者へ依頼を検討しましょう。


福島で特殊清掃を依頼する流れ

ご遺体の発見と通報

連絡が取れないことで現場に駆けつけてみると、ご遺体となって発見することもあります。その場合はすぐに警察へ通報し、状況説明を行いましょう。

警察が到着すると現場検証が行われ、事件性の有無などを詳しく調べます。


特殊清掃業者への問い合わせと見積もり

現場検証が完了すると、警察から現場の入室許可も出ます。入室許可が出た場合は、特殊清掃業者へ問い合わせし訪問調査と見積もりをとってもらいましょう。

なお、入室許可以前でも、業者への連絡のみであれば問題ありません。また、現場の状況を伝えるだけでも、特殊清掃業者は大まかな予算を計算してくれます。


消毒・消臭

契約後は、後日担当者が清掃道具を持参し、現場へ訪問します。

まずは異臭除去や感染症予防の一環として、部屋全体の消毒・消臭作業を行います。一般的には、二酸化塩素やオゾン脱臭など、複数の強力な薬剤を噴霧し徹底消毒しています。

消毒・消臭作業のときは、現場に入ることはできないので外で待機しましょう。


特殊清掃・遺品整理

消毒作業が完了した後は、清掃作業と遺品整理、撤去作業などを行っていきます。家具や雑貨などに体液や血液が浸透しているときは、回収し後日廃棄処理します。

清掃作業では、床や壁・家具・家財道具など、あらゆる場所に付着した血液、体液や虫、汚れを丁寧に落とし、1つ1つ消毒まで行ってくれます。


解体と原状回復作業

現場の状況によっては、床下や壁の内側にまで血液などの浸透・腐食も進んでいます。このような場合は、床表面を清掃・消毒しても、匂いを完全に除去することができませんし、部材の腐食によって床が抜ける危険性もあります。

腐食が進んでいる箇所は床や壁などの一部を解体し、リフォーム工事を進めるのが一般的です。なお、リフォーム工事にも費用は発生します。

原状回復後は、最後にオゾン脱臭などの消毒・消臭を行い作業完了です。


福島県の市区町村から特殊清掃業者を探す