沖縄県の特殊清掃・孤独死清掃に対応しているおすすめの業者

沖縄の特殊清掃の相場

料金の目安
1K 38,000円〜
1DK 58,000円〜
1LDK 100,000円〜
2DK 120,000円〜
2LDK 155,000円〜
3DK 180,000円〜
3LDK 200,000円〜
4LDK 240,000円〜

※亡くなった場所や、亡くなってからの経過時間、消臭が必要な箇所などで料金は変動します。あくまで目安として参考にしてください。

沖縄の特殊清掃事情

住宅と空き家
住宅数 653,000
空き家数 67,000
空き家率 10.2%

出典:平成30年住宅・土地統計調査


年齢別人口数
年齢 総数
総数 1,392,818 683,328 709,490
75歳以上 119,934 44,521 75,413
75歳以上率 8.6% 6.5% 10.6%

出典:住民基本台帳による鹿児島県の世帯と人口


世帯数
総数 519,000
75歳以上単独世帯数 22,000
75歳以上単独世帯率 4.2%

出典:日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)


沖縄の住宅数は653,000戸、そのうち空き家が67,000戸、空き家率は10.2%となっています。

全国の空き家率の平均が13.6%であることから、沖縄は平均より空き家率が低めの地域と言えます。


人口の総数は1,392,818人、75歳以上が119,934人、75歳以上率は8.6%です。

後期高齢者(75歳以上)の割合は全国平均の14.2%よりかなり低く、沖縄は後期高齢者が少ない地域と言えるでしょう。


世帯数は519,000、後期高齢者の単独世帯数は22,000、後期高齢者の単独世帯率4.2%となっています。


日本全体が後期高齢者数・単独世帯数ともに増加傾向にありますが、沖縄も同様、後期高齢者の数、単独世帯数ともに増加しています。孤独死の数も増加していると推察できるでしょう。

沖縄の特殊清掃業者の選び方

日本全体の平均と比べると、沖縄の後期高齢者数の割合は低いです。しかし、少ないながらも単独世帯もあり、特殊清掃が必要になる場面も想定できます。そんな沖縄では特殊清掃業者の数が少ないため、料金が他地域よりも割高になることがあります。必ず相場を照らし合わせ、良心的な業者を選ぶようにしましょう。

とはいえ、料金だけで特殊清掃業者を選ぶことはおすすめできません。料金が安くとも作業が丁寧でない業者を選んでしまうと、再度、別業者に清掃を依頼しなくてはならなくなり、かえって高くついてしまいます。以下に挙げるポイントに注意して、料金以外も良心的なのかチェックしてから業者を選びましょう。


対応が親切か

作業が丁寧な業者は、社員教育が行き届いていることが多いです。スタッフの言葉遣いや態度にも丁寧さが反映されるため、利用者に不快感を与えません。

まずは、電話で問い合わせたときに言葉遣いや対応をチェックしてください。気持ちよく対応してくれる業者を選ぶなら、清掃作業も信用して任せることができるでしょう。


料金の内訳が記載されているか

どのような見積書を提示してくれるのかもチェックしてください。合計額しか書かれていないならば、作業内容が不明確なため、本来ならば必要な工程をスキップする可能性があります。

とりわけ特殊清掃作業は、一般に知られていない工程が多い作業です。素人にも分かりやすく工程と費用を提示してくれる業者なら、安心して依頼することができるでしょう。


保有する資格

依頼する内容によっては、特別な資格が必要になることがあります。たとえば遺品整理も依頼する場合は、廃棄物処理法を理解して、遺品を丁寧に仕分けてくれる遺品整理士がいる業者を選びたいものです。

また、古物商許可証を有している業者なら、遺品に買取可能な品物が含まれている時に適切な価格で買い取ってもらうことができます。場合によっては、特殊清掃にかかる費用を抑えることもできます。


沖縄の特殊清掃でよくありがちなトラブル

異臭が消えない

技術力が低い特殊清掃業者に依頼してしまうと、異臭が残る恐れがあります。業者のホームページで作業実績を確認し、信頼できる業者を選びましょう。

また、アフターサービスを提供している業者なら、異臭が消えないときにもう一度作業をしてもらうことができます。


請求額が高すぎる

予想外の汚れもあるため、見積額と請求額が異なることは仕方のないことです。

しかし、あまりにも見積額と請求額が異なるのでは困ります。請求額が分かるのは作業後なので、泣き寝入りするしかないケースもあるでしょう。トラブルを招かないためにも、見積もりの段階で実際の請求額がどのくらいなのか明確にしておきましょう。


無神経な言動

依頼主は、近親者の死や衝撃的な光景によって精神的にショックを受けています。

しかし、特殊清掃業者の中には、依頼者の気持ちに寄り添わず、無神経な言葉や行動を繰り返す方もいます。必要以上に傷つかないためにも、丁寧かつ親切に対応してくれる業者を選ぶようにしましょう。


沖縄で特殊清掃を依頼する流れ

遺体の発見・通報

ご遺体を発見したときは、ご遺体に触れないように注意して、できるだけ迅速に警察に通報してください。

警察に事件性の有無などを検証してもらってから、葬儀業者や特殊清掃業者に依頼します。


業者に見積もり依頼

警察の現場への立ち入り許可を得てから、特殊清掃業者に見積もりを依頼します。

なお、現場検証前に、電話で特殊清掃業者に連絡をしておくことは可能です。


消毒・消臭

特殊清掃作業を開始する前に、現場の消毒・消臭作業が行われます。消毒・消臭をすることで、腐敗物や害虫などによる感染リスクを抑えることができます。


特殊清掃・遺品整理

特殊清掃作業を開始します。また、遺品整理も依頼した場合は、特殊清掃後に遺品整理が行われます。

なお、遺品整理を依頼する時には、重要書類や貴重品などが見つかることもあるので、必ず立ち会うようにしてください。


原状回復工事

汚染が床下や壁の内側にまで広がっている時には、壁材や床材の張り替えが必要になります。張り替え作業が完了したら、再度消毒・消臭を行い、作業のすべての工程が終了します。

なお、優良業者に依頼した場合でも、臭いが完全になくなるまでに1週間以上かかることがあります。臭いの目安やアフターサービスについて、必ず業者に確認しておきましょう。


沖縄県の市区町村から特殊清掃業者を探す