鹿児島県の特殊清掃・孤独死清掃に対応しているおすすめの業者

鹿児島の特殊清掃の相場

料金の目安
1K 38,000円〜
1DK 53,000円〜
1LDK 76,000円〜
2DK 94,000円〜
2LDK 115,000円〜
3DK 138,000円〜
3LDK 163,000円〜
4LDK 200,000円〜

※亡くなった場所や、亡くなってからの経過時間、消臭が必要な箇所などで料金は変動します。あくまで目安として参考にしてください。

鹿児島の特殊清掃事情

住宅と空き家
住宅数 880,000
空き家数 166,000
空き家率 18.9%

出典:平成30年住宅・土地統計調査


年齢別人口数
年齢 総数
総数 1,613,969 758,331 855,638
75歳以上 266,430 98,110 168,320
75歳以上率 16.7% 13.1% 19.9%

出典:住民基本台帳による鹿児島県の世帯と人口


世帯数
総数 727,000
75歳以上単独世帯数 70,000
75歳以上単独世帯率 9.6%

出典:日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)


鹿児島の住宅数は880,000戸、そのうち空き家が166,000戸、空き家率は18.9%となっています。

全国の空き家率の平均が13.6%であることから、鹿児島は平均より空き家率がかなり高い地域と言えます。


人口の総数は1,613,969人、75歳以上が266,430人、75歳以上率は16.7%です。

後期高齢者(75歳以上)の割合は全国平均の14.2%より高く、鹿児島は後期高齢者が多い地域と言えるでしょう。


世帯数は727,000、後期高齢者の単独世帯数は70,000、後期高齢者の単独世帯率9.6%となっています。


日本全体が後期高齢者数・単独世帯数ともに増加傾向にありますが、鹿児島は平均以上に顕著に後期高齢者の数、単独世帯数ともに増加しており、孤独死の数も増加していると見ることができます。

鹿児島の特殊清掃業者の選び方

日本全体の平均より後期高齢者数の割合が高い鹿児島には、特殊清掃を請け負う業者も多くあります。競合の業者が多いために料金は低めですが、中には相場よりも高すぎる料金を提示する業者もあるので注意が必要です。

特殊清掃業者を選ぶときは、もちろん料金が良心的であることも重要なポイントです。しかし、料金だけで選ぶと清掃が丁寧でない可能性もあるので、作業の質にも注目してください。選び方で迷った時は、以下に挙げるポイントをチェックしてみましょう。


話し方や物腰が丁寧か

作業を丁寧にしてくれる業者は、社員教育が行き届いていることが多いです。スタッフの言葉遣いや態度も丁寧で、利用者に不快感を与えません。

言葉遣いは、電話で問い合わせた時にもチェックできます。また、見積時の態度も厳しくチェックし、信用できる業者を選びましょう。


料金の内訳が細かく記載されているか

見積書に合計額しか書かれていないなら、どのような作業を行うのか、また、それぞれの作業にどのくらいの費用がかかるのかが分かりません。

料金内訳を詳しく記載しているかどうかもチェックしてください。


資格の有無

依頼する内容によっては、特別な資格が必要になることがあります。例えば特殊清掃だけでなく遺品整理も依頼する場合は、廃棄物処理法を理解し、遺品を丁寧に仕分けてくれる遺品整理士がいるほうが望ましいでしょう。

また、遺品に買取可能な品物が含まれている場合は、古物商許可を有する業者に依頼しましょう。古物商許可証を保有している業者ならブランド品などを買い取ってくれるため、特殊清掃にかかる費用を抑えることもできます。


鹿児島の特殊清掃でよくありがちなトラブル

異臭

遺体等が放置されていた期間が長いと、汚染が床下などに広がり、異臭が強くすることがあります。技術力が高く作業を丁寧に行う業者に依頼すると、臭いの元まできっちりと清掃してくれますが、そうでない業者に依頼してしまうと、異臭が残る恐れがあるので要注意です。

仕事が丁寧かどうかは、業者のホームページでもある程度チェックすることができます。作業実績が公開されている時は、必ず閲覧して確認しておくようにしましょう。また、アフターサービスを提供している業者なら、万が一の時には作業をし直してもらうことができます。


見積額と請求額が大きく異なる

作業をしてみないと分からない部分があるのも事実なので、見積額と請求額が異なることはある程度仕方のないことです。

しかし、あまりにも見積額と請求額が異なるのは問題です。「すべて込みのはずが、追加料金を請求された」「見積書よりも2倍も高額な料金を請求された」というようなケースもあり、泣き寝入りする方も少なくありません。トラブルを招かないためにも、見積もりの段階で不明点は明確にしておきましょう。


無神経な言動

特殊清掃を依頼する時は、通常の時ではありません。近親者の死や衝撃的な光景によって、心に大きなダメージを受けていることが多いです。

しかし、特殊清掃業者の中には、依頼者の気持ちに寄り添わず、無神経な言葉や行動で傷つけるスタッフもいます。無用に傷つかないためにも、問い合わせ時から丁寧かつ親切に対応してくれる業者を選ぶようにしましょう。


鹿児島で特殊清掃を依頼する流れ

遺体の発見・通報

ご遺体を発見したときは、触れないように注意して、すぐに警察に通報してください。

警察に事件性の有無などを検証してもらってから、葬儀業者や特殊清掃業者に依頼します。


業者の見積もり

警察の現場検証が終わり、立ち入り許可を得てから、特殊清掃業者に見積もりを依頼します。

ただし、特殊清掃業者への電話連絡だけなら、現場検証前に行うこともできます。現場の状況を伝えることで、予算の目安を事前に把握しておきましょう。


消毒・消臭

特殊清掃作業を開始する前に、清掃する場所全体の消毒・消臭作業が行われます。消毒・消臭をすることで、作業スタッフや周辺の人々が感染症にかかるリスクも抑えることができます。


特殊清掃と遺品整理

特殊清掃作業を開始します。状況によっては長時間の作業が必要になります。

また、遺品整理も依頼した場合は、特殊清掃後に遺品整理が実施されます。重要書類や貴重品、その他、形見になるものが見つかることもあるので、必ず遺品整理の時は立ち会うようにしてください。


原状回復工事

汚染が深刻な時には、壁材や床材の張り替えが必要になります。壁材等が高額な時は、請求額も高くなるので注意が必要です。

張り替え作業が完了したら、再度消毒・消臭を行います。換気が悪い部屋や梅雨時期に依頼した場合には、臭いが完全になくなるまでに1週間以上かかることもあります。


鹿児島県の市区町村から特殊清掃業者を探す