宮崎県の特殊清掃・孤独死清掃に対応しているおすすめの業者

宮崎の特殊清掃の相場

料金の目安
1K 37,000円〜
1DK 56,000円〜
1LDK 73,000円〜
2DK 90,000円〜
2LDK 110,000円〜
3DK 140,000円〜
3LDK 156,000円〜
4LDK 200,000円〜

※亡くなった場所や、亡くなってからの経過時間、消臭が必要な箇所などで料金は変動します。あくまで目安として参考にしてください。

宮崎の特殊清掃事情

住宅と空き家
住宅数 547,000
空き家数 84,000
空き家率 15.4%

出典:平成30年住宅・土地統計調査


年齢別人口数
年齢 総数
総数 1,071,723 504,361 567,362
75歳以上 178,172 67,294 110,878
75歳以上率 16.6% 13.3% 19.5%

出典:宮崎県の推計人口と世帯数(年報)


世帯数
総数 459,000
75歳以上単独世帯数 34,000
75歳以上単独世帯率 7.4%

出典:日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)


宮崎の住宅数は547,000戸、そのうち空き家が84,000戸、空き家率は15.4%となっています。

全国の空き家率の平均が13.6%ですので、宮崎は比較的空き家率の高い地域といえるでしょう。


人口の総数は1,071,723人、75歳以上が178,172人、75歳以上率は16.6%です。

後期高齢者(75歳以上)の割合は、全国平均の14.2%と比べて少し多い地域と考えることもできます。


世帯数は459,000、後期高齢者の単独世帯数は34,000、後期高齢者の単独世帯率7.4%となっています。


後期高齢者の数、単独世帯数どちらも増加傾向で、今後孤独死の増加も心配される地域です。

宮崎の特殊清掃業者の選び方

後期高齢者数や空き家率などが増加している宮崎県ですが、特殊清掃業者の数は少なく、比較検討する機会も少ないかもしれません。

しかし、だからといって最初に連絡した業者に依頼してしまうと、思わぬトラブルに見舞われる可能性もあり要注意です。比較検討の数が少なくても、以下に挙げるポイントを参考に特殊清掃業者を選んでください。


親切で優しい対応

優良業者は親族の孤独死でショックを受けている依頼者に対して、丁寧に接しながらサービスの説明やフォロー、契約手続きなどを進めてくれます。

対して悪質な業者は、依頼者への丁寧な対応よりも利益追求のために見積りや契約を迫る傾向にあり不快な思いをするリスクもあるでしょう。

まずは、問い合わせの親身な対応をしてくれるかどうかで見積りを判断しましょう。


料金の内訳を詳細に記述

見積書に総額しか表示していない業者は、悪質業者の可能性もあるため気を付けましょう。

通常、特殊清掃業者の多くは、見積書に各作業項目と料金を記述した上で、総額費用も載せているものです。しかし、悪質な業者の場合は、詳細な内訳を記述すると依頼者に矛盾を突かれるリスクを避け、あえてどんぶり勘定で提示しています。


資格を取得しているかどうか

特殊清掃や遺品整理の品質がどうしても気になる方は、資格取得の有無についても確認してみましょう。

たとえば遺品整理士の資格は、遺品の取扱いをはじめ廃棄物処理方法についても学んでいるので、適切な方法で遺品を仕分けてくれます。また、遺品整理時に買取を行う業者を探している時は、買取事業に必要な古物商許可を取得しているかどうかも確認しましょう。なお、古物商許可番号の記載有無で取得状況が分かります。


宮崎の特殊清掃でよくありがちなトラブル

異臭を除去できていない

ご遺体などによって壁や床に残る異臭は、簡単に除去できませんし専門的な技術や薬剤も必要です。しかし、技術力の低い業者ですと、しっかり清掃したように見せかけて異臭が残しています。

このようなトラブルを避けるためには、特殊清掃業者の公式HPから実績を確認したり口コミサイトなどで評価を見たりしてみるのも重要です。


高額な追加料金の請求

悪質な業者は、とにかく利益を得るために事前の見積りにはない高額な追加料金を請求してきます。また、契約前の見積書では明らかにしていないため、作業後に高額請求を受けてしまいます。判断の難しいポイントではありますが、見積書に不明な項目があったり追加料金について記載されてたりする時は契約を避けましょう。


失礼な言動

依頼者は身内の孤独死でショックを受けているにも関わらず、失礼な言動や冷淡な行動を繰り返す悪質業者も存在するので気を付けましょう。通常、特殊清掃業者は、依頼者の心情も理解した上で丁寧に説明し、親切な対応を心がけているものです。問い合わせや見積の段階で、失礼言動が目立つ場合は別の業者で比較検討しましょう。


宮崎で特殊清掃を依頼する流れ

遺体の発見・警察へ通報

ご遺体を発見した場合は、現場やご依頼には触れず警察へ通報するのが基本です。警察は現場へ到着次第、現場検証や聞き込みを実施し事件性の有無などを判断します。ちなみに現場検証の時は、親族でも現場に立ち入ることはできません。


業者へ連絡・清掃業務の見積もり

警察から入室許可が出た場合は、特殊清掃業者へ連絡および訪問調査や見積なども可能となります。ただし、特殊清掃業者への連絡のみあれば、入室許可以前でも問題ありません。虫や菌の増殖、部材の腐食がこれ以上進まないよう早めの連絡が大切です。


部屋全体の消毒・消臭作業

遺品整理前には、異臭の除去や感染症を防ぐために部屋全体の消毒・消臭作業を行ってもらいます。また、場合によっては、消毒・消臭作業のみで数日程度かかる可能性もあります。


特殊清掃・遺品整理作業

消毒・消臭作業が完了した後は、部屋の清掃作業と遺品整理作業を行ってもらいます。なお、汚染状況の進んだ遺品などは、特殊清掃業者側で廃棄処理してもらうことも可能です。また、遺品整理作業には立ち会うこともできるので、故人の大切な物や思い出の品はその場で引き取れます。


原状回復工事

床下や壁の内側が腐食していたり虫が湧いていたりすると、表面清掃では異臭を除去できませんし床が抜けるリスクもあります。解体業許可のある特殊清掃業者は、汚染の進行している箇所を解体してリフォーム工事まで行ってくれます。また、現状回復後には、消毒・消臭作業を再度行い全行程完了です。


宮崎県の市区町村から特殊清掃業者を探す