大分県の特殊清掃・孤独死清掃に対応しているおすすめの業者

大分の特殊清掃の相場

料金の目安
1K 37,000円〜
1DK 57,000円〜
1LDK 80,000円〜
2DK 99,000円〜
2LDK 120,000円〜
3DK 145,000円〜
3LDK 172,000円〜
4LDK 201,000円〜

※亡くなった場所や、亡くなってからの経過時間、消臭が必要な箇所などで料金は変動します。あくまで目安として参考にしてください。

大分の特殊清掃事情

住宅と空き家
住宅数 583,000
空き家数 97,000
空き家率 16.7%

出典:平成30年住宅・土地統計調査


年齢別人口数
年齢 総数
総数 1,142,943 541,587 601,356
75歳以上 191,141 71,567 119,574
75歳以上率 16.7% 13.2% 19.9%

出典:住民基本台帳による大分県の世帯と人口


世帯数
総数 480,000
75歳以上単独世帯数 33,000
75歳以上単独世帯率 6.9%

出典:日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)


大分の住宅数は583,000戸、そのうち空き家が97,000戸、空き家率は16.7%となっています。

全国の空き家率の平均が13.6%であることから、大分は平均より空き家率が高い地域と言えます。


人口の総数は1,142,943人、75歳以上が191,141人、75歳以上率は16.7%です。

後期高齢者(75歳以上)の割合は全国平均の14.2%より高く、大分は後期高齢者が多い地域と言えるでしょう。


世帯数は480,000、後期高齢者の単独世帯数は33,000、後期高齢者の単独世帯率6.9%となっています。


日本全体では後期高齢者数・単独世帯数ともに増加傾向が見られていますが、大分も同様に後期高齢者の数、単独世帯数ともに増加しており、孤独死の数も増加していると考えられます。

大分の特殊清掃業者の選び方

日本全体の平均よりも後期高齢者数の割合が高い大分には、特殊清掃を請け負う業者も多くあります。競合の業者が多いため、料金は都市部並みに低めです。

とはいえ、どの業者も低めの料金とは限りません。相場よりも高い業者もありますし、料金が安くとも作業内容に問題がある業者もあります。どの業者を選ぶか迷った時は、以下に挙げるポイントをチェックしてみてください。


応対が丁寧か

特殊清掃は臭いや汚れを徹底的に取る作業です。丁寧に作業をしない業者に任せると、異臭や汚れが残ってしまい、結局、別の業者に再依頼しなくてはなりません。

作業の丁寧さは、言葉遣いや電話応対などにも表れます。丁寧かつ親切に応対してくれる業者なら、安心して清掃も任せられるでしょう。


料金の内訳が記載されているか

良心的な業者かどうかは、見積書からでも分かります。特殊清掃は通常の清掃とは異なり作業工程も多いので、本来ならば明細書の項目も多くなるはずです。

大雑把に合計額しか書かれていない場合は、作業がいい加減で、汚れや臭いを完全に取り切れないこともあります。料金の内訳を明確に記載している業者を選び、丁寧な作業をしてもらいましょう。


適切な資格を有しているか

特殊作業自体には国家資格等はありませんが、遺品整理や不用品買取を依頼する場合は、適切な資格を有している業者なのかもチェックしてください。

例えば遺品整理士が在籍しているなら、廃棄物処理法に則った方法で不用品を処分し、供養の気持ちを込めて遺品を取り扱ってくれます。また、リサイクルできそうな品物があるときは、古物商許可を有する業者に依頼するようにしましょう。不用品を買い取ってもらえるならば、特殊清掃業者に支払う費用を抑えることができます。


大分の特殊清掃でよくありがちなトラブル

異臭が消えない

表面的な汚れだけを落としても、一度ついてしまった臭いは取れないことがあります。床下や壁の内側まで丁寧に清掃してくれる業者を選び、臭いを完全に落とすようにしましょう。

技術力が高い業者かどうかは、業者のホームページで公開されている作業実績からもある程度知ることができます。どのような作業を行うのか、事前に確認しておくようにしましょう。また、アフターサービスのある業者を選ぶこともポイントです。一定期間の保証がある業者に依頼するなら、後日トラブルが見つかったときにも安心です。


請求額が高額すぎる

「すべて込みと言われたのに、高額な追加料金を請求された」「見積書と請求書がまったく違った」などといった料金トラブルも少なくありません。見積書に不明点がある時はその場で業者に質問して、後で「話と違う!」と揉めないようにしておきましょう。


無神経な言動

特殊清掃の依頼主は、通常、ナイーブな精神状態にあります。身内が亡くなったことや、孤独死の現場を見たという衝撃から、ちょっとした言葉や態度にも傷つきやすくなっています。

しかし、悪質な業者は、依頼主の気持ちを考えずに無神経な言動を繰り返します。無用に傷つかないためにも、問い合わせ時の対応から親切な業者を選ぶようにしましょう。


大分で特殊清掃を依頼する流れ

遺体の発見・通報

ご遺体を発見したときは、絶対に触れてはいけません。

事件性の有無を調べてもらう必要があるため、まずはすぐに警察に連絡しましょう。警察が現場検証をして事件性がないことを確認した後、葬儀業者や特殊清掃業者に依頼します。


特殊清掃業者への見積もり依頼

特殊清掃作業を依頼する前に、料金の見積もりを取ります。できれば2つ以上の業者から見積もりを取り、納得できる料金・作業内容の業者を選びましょう。

なお、特殊清掃業者への電話連絡だけなら、警察が現場検証を行う前に済ませることも可能です。おおよその現場の状況を伝えることで、予算の目安を事前に把握しておきましょう。


消毒・消臭

特殊清掃作業を開始する前に、通常は消毒・消臭作業が行われます。消毒・消臭をすることで、感染症にかかるリスクも抑えることができます。


特殊清掃と遺品整理

清掃作業を進めていきます。汚れが深刻な場合は、臭いを完全に取り去るのに1週間以上かかることもあります。

業者によっては、遺品整理を依頼することも可能です。整理中に重要書類や貴重品が見つかることもあるので、必ず立ち会うようにしてください。


原状回復工事

汚染の程度が深刻な場合は、壁材や床材の張り替えが必要になります。該当箇所を解体して取り替えるため、材料が高額な場合は料金も高額になります。

原状回復作業が完了したら、再度消毒・消臭を行います。完全に臭いが消えるまでに、1週間程度は見ておきましょう。


大分県の市区町村から特殊清掃業者を探す