長崎県の特殊清掃・孤独死清掃に対応しているおすすめの業者

長崎の特殊清掃の相場

料金の目安
1K 38,000円〜
1DK 56,000円〜
1LDK 80,000円〜
2DK 98,000円〜
2LDK 125,000円〜
3DK 147,000円〜
3LDK 179,000円〜
4LDK 203,000円〜

※亡くなった場所や、亡くなってからの経過時間、消臭が必要な箇所などで料金は変動します。あくまで目安として参考にしてください。

長崎の特殊清掃事情

住宅と空き家
住宅数 662,000
空き家数 100,000
空き家率 15.1%

出典:平成30年住宅・土地統計調査


年齢別人口数
年齢 総数
総数 1,339,438 629,195 710,243
75歳以上 219,952 79,730 140,222
75歳以上率 16.4% 12.8% 19.7%

出典:住民基本台帳による長崎県の世帯と人口


世帯数
総数 557,000
75歳以上単独世帯数 39,000
75歳以上単独世帯率 7.0%

出典:日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)


長崎の住宅数は662,000戸、そのうち空き家が100,000戸、空き家率は15.1%となっています。

全国の空き家率の平均(13.6%)と比べると高く、長崎は空き家率の高い地域と言えます。


人口の総数は1,339,438人、75歳以上が219,952人、75歳以上率は16.4%です。

後期高齢者(75歳以上)の割合は全国平均の14.2%よりも高く、全国的に見ても長崎は後期高齢者が多い地域と言えるでしょう。


世帯数は557,000、後期高齢者の単独世帯数は39,000、後期高齢者の単独世帯率7.0%となっています。


日本全体において後期高齢者数・単独世帯数ともに増加傾向にありますが、長崎でも後期高齢者の数、単独世帯数ともに増加しています。また、空き家率も高いので、孤独死の数は増加していると考えられるでしょう。

長崎の特殊清掃業者の選び方

佐賀は日本全体の平均より後期高齢者数・空き家の割合がやや高く、特殊清掃を請け負う業者も多い地域です。しかし、競合業者が多いわりには料金は全国平均よりもやや高く、業者によっては高額な料金を提示される可能性もあります。


なお、特殊清掃業者を選ぶ時は、料金だけで選ぶのは危険です。以下の点に留意して、信頼できる業者を選びましょう。


応対が親切か

応対が親切な業者は、仕事が丁寧なことが多いです。技術に対する自信が心の余裕につながり、お客さまへの態度に表れるのでしょう。


作業に問題が生じてアフターサービスを依頼する場合でも、親切な業者になら気軽に連絡することができます。言葉遣いや見積もり時の態度をチェックし、信用できる業者を選びましょう。


料金の内訳が詳しく記載されているか

見積書に「特殊清掃作業一式」と記載されている業者には、仕事を依頼しないほうが良いかもしれません。本来ならば特殊清掃には作業の工程が多くあるので、内訳に記載する内容も多くなるはずです。見積書に内訳を詳しく記載していない場合は、手抜き清掃をする可能性もありますし、後々高額な料金を請求される可能性もあります。


資格を有しているか

特殊清掃だけを依頼する場合には、資格について特にチェックする必要はありません。しかし、遺品整理を依頼する場合には、スタッフに遺品整理士がいるか注目してみましょう。遺品整理士は廃棄物処理法に則って不用品を処分し、遺品を丁寧に仕分けてくれます。大切な遺品を適切に処分したいなら、ぜひとも必要な資格と言えるでしょう。

また、買取可能な不用品があるときは、古物商許可証を保有する業者に依頼します。高額で買い取ってもらえるなら、特殊作業にかかるお金を節約することにもつながります。


長崎の特殊清掃でよくありがちなトラブル

異臭がいつまでも消えない

臭いの元になる汚れが取り切れていないときは、異臭がいつまでも残ることがあります。技術力が低い業者に依頼するなら、このような臭いトラブルに巻き込まれるかもしれません。

業者のホームページで公開されている作業実績や見積もり時に見せてもらう写真などから、技術がある業者なのかしっかりと見極めましょう。


請求額が見積額よりも極めて高額

見積額とはかけ離れた高額すぎる金額を請求されるトラブルも起こっています。このような請求額トラブルに巻き込まれないためにも、必ず見積もりの段階で詳しく尋ねておきましょう。見積書に「追加料金が発生することもあります」などの但し書きが記載されている場合は、特に注意してください。


思いやりのない言葉・態度

特殊清掃を依頼する時は、少なからずショックを受けているものです。あまり普段は目にしない光景を見てしまったため、動揺し、傷つきやすくなっています。不快な経験をしないためにも、思いやりのある親切な業者を選ぶようにしましょう。


長崎で特殊清掃を依頼する流れ

遺体発見・警察への通報

ご遺体を発見した時は、すぐに警察に通報して現場検証してもらいましょう。現場検証中はたとえ親族であっても、現場に立ち入ることはできません。


業者への見積もり依頼

現場検証が終わって立ち入り許可が出た後に、特殊清掃業者に見積もりをしてもらいます。ただし、業者への電話連絡だけなら、現場検証の前に済ませておけます。スムーズに清掃作業を始めて欲しい時は、事前に業者に連絡しておきましょう。


消毒・消臭

消毒・消臭作業を済ませてから、特殊清掃が始まります。念入りに消毒・消臭作業を行うことで、腐敗物や害虫などによる感染リスクを低下できます。


特殊清掃・遺品整理

遺品整理も依頼した場合は、特殊清掃が終わってから整理作業になります。高価な品々が見つかることもあるので、遺品整理の折には依頼主は必ず立ち会いましょう。


原状回復作業

汚れが床下まで浸透している場合には、床材の張り替えを実施しています。壁裏に染み込んでいる場合には、壁材も張り替えてもらいましょう。徹底的に清掃してもらうことで、臭いや感染、害虫の原因を取り除けます。

長崎県の市区町村から特殊清掃業者を探す