福岡県の特殊清掃・孤独死清掃に対応しているおすすめの業者

福岡の特殊清掃の相場

料金の目安
1K 39,000円〜
1DK 64,000円〜
1LDK 87,000円〜
2DK 105,000円〜
2LDK 137,000円〜
3DK 170,000円〜
3LDK 190,000円〜
4LDK 240,000円〜

※亡くなった場所や、亡くなってからの経過時間、消臭が必要な箇所などで料金は変動します。あくまで目安として参考にしてください。

福岡の特殊清掃事情

住宅と空き家
住宅数 2,582,000
空き家数 327,000
空き家率 12.7%

出典:平成30年住宅・土地統計調査


年齢別人口数
年齢 総数
総数 5,106,707 2,413,787 2,692,920
75歳以上 650,288 237,257 413,031
75歳以上率 12.7% 9.8% 15.3%

出典:平成28年福岡県の人口と世帯年報


世帯数
総数 2,107,000
75歳以上単独世帯数 117,000
75歳以上単独世帯率 5.6%

出典:日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)


福岡の住宅数は2,582,000戸、そのうち空き家が327,000戸、空き家率は12.7%となっています。

全国の空き家率の平均13.6%と比較した場合、福岡は比較的空き家率の低い水準で推移している地域といえるでしょう。


人口の総数は5,106,707人、75歳以上が650,288人、75歳以上率は12.7%です。

後期高齢者(75歳以上)の割合は全国平均の14.2%に対して低い数値で、後期高齢者数の比較敵少ない地域と考えられます。


世帯数は2,107,000、後期高齢者の単独世帯数は117,000、後期高齢者の単独世帯率5.6%となっています。


後期高齢者の数、単独世帯数はともに全国平均よりも少し低い傾向で、孤独死の数も全国より少ない傾向と考えられるでしょう。

福岡の特殊清掃業者の選び方

後期高齢者数などの指標が比較的低い水準の福岡県は、特殊清掃業者数20社以上存在していて、相場より安いサービスも存在します。

しかし、安過ぎる業者はサービスの質といった点で要注意です。特殊清掃業者を比較検討する際は、以下に挙げるポイントも確認した上で選んでみましょう。


丁寧な対応をしてくれるかどうか

優良な特殊清掃業者は、精神的ショックを受けている依頼者の心情を理解した上で、問い合わせや見積提示、作業時などどの場面でも丁寧に対応してくれます。さらにサービスの概要や細かな疑問点にも快く回答してくれるので、信頼関係も築くことできます。精神的な負担を軽減するためにも、親切な対応をしてくれるかどうか問い合わせの段階で言葉選びや態度から判断しましょう。


料金の内訳を記載しているか

見積書を提示された時は、総額だけでなく料金の内訳にも注目です。万が一、人件費や作業ツール、各作業にかかる費用を記載していない場合は、手抜き作業等の可能性もあるため契約を避けましょう。優良業者は、見積書に料金の内訳を記載していますし、料金に関する疑問手にも回答してくれます。


資格の有無を確認

数社まで特殊清掃業者を絞れたものの、料金や作業実績で比較しきれない場合は資格の有無から検討してみるのもいいでしょう。


たとえば遺品整理士は、遺品の取扱いや特殊清掃業務に関する事務手続きなど特殊清掃に関する専門知識を持っています。さらに廃棄物処理法に関する知識もあるので、遺品や不用品の仕分けや処理について、信頼の置ける業者と考えられます。

また、遺品整理時の買取を同時に行ってくれる業者を探している時は、古物商許可を取得している特殊清掃業者から選ぶのが重要です。買取事業には古物商許可が必須ですので、無許可営業を行っていないか古物商許可番号の有無などから確認しましょう。


福岡の特殊清掃でよくありがちなトラブル

異臭や虫が残っている

技術力の低い特殊清掃業者は、異臭や虫などを完全に除去できない状態で作業を終えてしまうこともあります。このようなトラブルに遭ってしまうと別途特殊清掃業者を依頼しなければいけず、時間とお金の無駄です。

特殊清掃業者を選ぶ時は、公式HPや口コミサイトから作業実績や技術を確認し、信頼できる業者から調べておきましょう。その上で、数社に訪問調査や見積書の作成を行ってもらい、比較検討するのが大切です。


高額な追加料金の請求

悪質な業者は、手段を択ばず高額な費用を請求してきます。たとえば、見積書には記載していない料金を、作業後に追加料金として上乗せしてくるケースもあります。このような業者は、見積書に追加料金の可能性を記載したり、追加料金について質問されたりしても曖昧な回答を繰り返してきます。問い合わせや見積りの段階で、不審な説明や言動、料金に関して曖昧な回答を繰り返す業者には依頼しないようにしましょう。


配慮に欠けた言動や態度

通常、特殊清掃業者は、依頼者の精神的な負担や不安感、余裕のない状況を理解した上で誠心誠意対応してくれます。また、依頼者が質問しなくてもいいように、料金やサービスに関する説明やサポートもしっかり行ってくれます。

対して配慮に欠けた業者の場合、依頼者の心情なを気にかけず失礼な言動や冷たい態度で手続きを強引に進めてきます。このような業者に依頼しないよう、問い合わせや訪問調査時にスタッフの雰囲気、言葉選びに注意が必要です。


福岡で特殊清掃を依頼する流れ

遺体発見・警察へ通報

ご遺体を見つけた時は、速やかに警察へ通報するのが大切です。警察は、現場検証や聞き込みなどで事件性の有無を判断していきます。そして、現場検証時には、第三者はもちろん親族も現場に立ち会うことはできません。


業者への問い合わせ・訪問調査や見積り

警察から現場の入室許可が出た場合は、特殊清掃業者に訪問調査や見積りをとってもらうことも可能になります。ただし、特殊清掃業者へ問い合わせおよび状況を伝えるだけであれば、入室許可の前でも問題ありません。スピーディに特殊清掃を進めてもらいたい場合は、連絡だけでも行っておきましょう。


消毒・消臭作業

契約後は指定した日時に特殊清掃業者が現場へ訪問し、異臭除去や感染症予防の一環として、消毒・消臭作業を行ってもらいます。また、二酸化塩素や次亜塩素酸など専用の消毒剤を部屋全体に散布されるため、消毒中に現場へ立ち入ることはできません。


清掃・遺品整理作業

消臭・消毒作業は、清掃および家財道具などの整理、遺品整理作業を行ってもらいます。なお、業者によっては先に汚染の進行した家財道具やその他物品を廃棄した上で、消臭・消毒することもあるようです。

遺品整理作業時は依頼者も立ち会えるので、思い出の品や廃棄するにはもったいない家財道具などをその場で判断および引き取り可能です。


原状回復工事

床下や壁の内側にまで虫が湧いていたり汚染が進行していたりするると、表面の清掃では異臭や虫の完全な除去はできません。このような状況の場合は、床材や内壁の一部解体やクロスの張替え、リフォーム工事までを進めてもらいましょう。原状回復工事後は、再度消臭・消毒作業を実施してもらいすべての作業が完了となります。


福岡県の市区町村から特殊清掃業者を探す