全国250社の優良業者の中から、
あなたに合った特殊清掃業者を
ご紹介します。
業者を選びきれない方・不安で相談を
したい方はまずご相談ください。

宮城県の特殊清掃・孤独死清掃に対応しているおすすめの業者

宮城の特殊清掃の相場

料金の目安
1K 35,000円〜
1DK 56,000円〜
1LDK 81,000円〜
2DK 109,000円〜
2LDK 137,000円〜
3DK 160,000円〜
3LDK 177,000円〜
4LDK 225,000円〜

※亡くなった場所や、亡くなってからの経過時間、消臭が必要な箇所などで料金は変動します。あくまで目安として参考にしてください。

宮城の特殊清掃事情

住宅と空き家
住宅数 1,088,000
空き家数 130,000
空き家率 11.9%

出典:平成30年住宅・土地統計調査


年齢別人口数
年齢 総数
総数 2,303,098 1,123,318 1,179,780
75歳以上 313,393 121,149 192,244
75歳以上率 13.6% 10.8% 16.3%

出典:宮城県の住民基本台帳年報


世帯数
総数 900,000
75歳以上単独世帯数 36,000
75歳以上単独世帯率 4.0%

出典:日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)


宮城の住宅数は1,088,000戸、そのうち空き家が130,000戸、空き家率は11.9%となっています。

全国の空き家率の平均が13.6%で、比較的空き家率の低い地域と考えられます。また、人口の集中している地域でもあるので、今後も同様の推移になる可能性もあります。


人口の総数は2,303,098人、75歳以上が313,393人、75歳以上率は13.6%です。

後期高齢者(75歳以上)の割合は全国平均の14.2%と比べれば少し低い数値ですが、女性の後期高齢者の比率は16.3%と高い数値といえるでしょう。


世帯数は900,000、後期高齢者の単独世帯数は36,000、後期高齢者の単独世帯率4.0%となっています。


宮城県における後期高齢者の数、単独世帯数は他の自治体と比較して平均的と言えますが、孤独死の数が減少しているとは考えにくいでしょう。

宮城の特殊清掃業者の選び方

宮城県の中でも特に仙台市周辺は、特殊清掃業者が多い傾向にあります。比較的安いサービスもありますが、東京都などと同程度の料金体系のケースもあり差が大きい側面もあります。

料金体系に大きな違いがあると、どこに依頼すればいいのか迷ってしまうこともあるかと思います。その場合は、料金に加えて以下に挙げるポイントも参考にしながら、特殊清掃業者を選んでみてはいかがでしょうか。


顧客対応に関して問題あるかどうか

実績が豊富な特殊清掃業者の多くは、身内の孤独死などで動揺・不安を抱いている依頼者の心情を理解しています。また、その心情を理解した上で、特殊清掃の説明や見積提示、業務の流れなど丁寧に対応してくれるのが特徴です。

一方、問い合わせや電話相談の際に、雑な対応や言葉遣いをされたり、淡々と対応されたりした場合は、悪質な業者もしくは経験の浅い業者である可能性もあります。

特殊清掃で問題のないように進めるためには、依頼者に寄り添いながら対応をしてくれる業者を選びましょう。


料金体系が明確か

費用面を重視している場合は、特に見積書の料金内訳についても確認しておきましょう。そして、見積の内容や記載方法で、契約を結ぶか判断するのも大切です。

具体的には、料金の内訳・項目が明確になっているかどうかを確認します。

丁寧な対応を行う業者や適切な料金体系で対応している業者は、利用者目線で各料金項目を示しているのが特徴です。

見積依頼の際、総額表示のみの業者は、細かな費用を説明する気がないもしくは高過ぎる料金を知られたくないために大雑把にしている可能性もあるので、要注意です。


必要な資格を持っているか

特殊清掃業者選びで、どうしても判断に迷う場合には特殊清掃に関する資格の有無も参考にしましょう。

1つは遺品整理士の資格です。必須資格ではありませんが、遺品整理に必要な廃棄物処理法に関する正しい知識、遺品の丁寧な取扱方法を理解出来るのが特徴です。そのため、遺品整理士の資格有無も公式サイトなどで確認してみましょう。

他には解体許可を取得しているか、公式サイトや問い合わせ時に確認してみるのもいいでしょう。解体許可は、床や壁を解体リフォームする際に必要です。そのため、取得していない業者は、自社でリフォーム対応までできません。

業者の中には、遺品整理時に買取対応までサポートしているケースがほとんどです。ただし、買取事業には古物商許可が必要ですので、古物商許可番号が記載されているかどうかも確認してください。確認は、公式サイトや店舗に許可番号を掲載しているか、もしくは公安委員会のサイトで古物商許可番号を入力・検索できる点も覚えておきましょう。


宮城の特殊清掃でよくありがちなトラブル

異臭が残ってしまう

清掃技術の低い・経験の浅い業者へ依頼してしまうと、現場の異臭が残ってしまい再清掃を依頼しなければいけません。これでは、時間と費用の2度手間です。

表面の清掃で異臭の除去が難しい場合は、床下や壁などに体液や血液が浸透していることもあります。このような場合は、解体作業を含めた作業でないと完全な異臭除去はできません。

依頼の2度手間トラブルに遭わないためには、まず特殊清掃業者の作業実績を確認し、経験が豊富かどうかを確認しておきます。また、優良業者でも1度で異臭除去できない可能性はあります。そこで、アフターサービスの有無やサポート内容も確認しておきましょう。


見積書に掲載していない料金の請求

悪質な業者に依頼すると、見積段階では提示していなかった高額な料金項目を請求されるケースがあります。そのような業者は、あえて見積を総額表示したり、説明時に「状況によって変わることもあります」など不審な対応を行います。

基本的な対策としては、見積提示の際には不明な点を積極的に質問し、不審な対応がないか確認しましょう。また、不審な点を確認すると、急に冷たい対応になるような業者も避けましょう。


無神経な言動や態度を取られる

実績のある特殊清掃業者は、依頼者の精神的疲労や動揺・不安をくみとり、丁寧な対応を心がけています。しかし、悪質業者の中には、依頼者の心情を気にせず無神経な言動を繰り返す可能性もあるので気を付けましょう。

まず問い合わせの段階で丁寧な対応であれば、依頼の候補に入れてみます。


宮城で特殊清掃を依頼する流れ

ご遺体の発見・警察への通報

ご遺体を発見した場合は、まず警察へ通報しましょう。

身内のご遺体を発見してしまった場合は、まず警察へ通報し現場状況を説明します。そして、警察による現場検証などが始まるので、通報者や親族は検証が完了するまで待機します。

なお、現場検証が完了するまでは、ご遺体の親族であっても現場へ立ち入れないので気を付けましょう。


業者への問い合わせ・見積りと依頼手続き

現場検証が完了すると、警察から入室許可を受けます。その後は、特殊清掃業者へ問い合わせして、現場まで訪問調査・見積もりをとってもらう流れです。見積内容に納得できれば契約となり、後日作業を開始します。なお、見積は通常無料対応です。

ちなみに特殊清掃業者への連絡のみであれば、警察から入室許可を受ける前でも可能です。

連絡のみでも現場の状況をある程度伝えることによって、大まかな費用を教えてもらえます。


消毒・消臭作業

現場状況などによって変わりますが、1日もしくは数日かけて、異臭除去や感染症予防のために、消毒・消臭作業を行います。

消毒作業には濃度の高い二酸化塩素、消臭はオゾン脱臭などの薬剤を使用するのが基本です。また、一般的な消臭・脱臭素材では、腐敗臭を除去できないので、専用の薬剤で時間をかけた消臭・消毒作業を行います。


特殊清掃・遺品整理

続いては、清掃作業や遺品整理作業を行っていきます。ご遺体の腐敗が進み、体液や血液などが床下や畳(和室の場合)、家具や壁などに浸透している場合は、まず家具や雑貨などを撤去・廃棄します。

続いて、故人の貴重品や思い出の品などを整理する流れです。ただし、部屋の状況によっては、特殊清掃と遺品性の順番が変わることもあります。


原状回復の作業

床下や壁の内側、下の階の天井にまで体液などが浸透している場合、表面の清掃や消毒・消臭では臭い・シミを完全に除去できません。そのような場合には、体液などが浸透している箇所を解体し、リフォーム工事を行います。

他にも浴槽でご遺体が発見された場合は、浴槽や周辺部分も含めて解体するのが特徴です。

解体・リフォーム後は、再度オゾン脱臭などで消臭・消毒していきます。


宮城県の市区町村から特殊清掃業者を探す