愛媛県の特殊清掃・孤独死清掃に対応しているおすすめの業者

愛媛の特殊清掃の相場

料金の目安
1K 37,000円〜
1DK 68,000円〜
1LDK 89,000円〜
2DK 126,000円〜
2LDK 153,000円〜
3DK 184,000円〜
3LDK 203,000円〜
4LDK 239,000円〜

※亡くなった場所や、亡くなってからの経過時間、消臭が必要な箇所などで料金は変動します。あくまで目安として参考にしてください。

愛媛の特殊清掃事情

住宅と空き家
住宅数 717,000
空き家数 130,000
空き家率 18.1%

出典:平成30年住宅・土地統計調査


年齢別人口数
年齢 総数
総数 1,410,463 668,231 742,232
75歳以上 218,512 80,146 138,366
75歳以上率 15.5% 12.0% 18.6%

出典:住民基本台帳による愛媛県の世帯と人口


世帯数
総数 590,000
75歳以上単独世帯数 44,000
75歳以上単独世帯率 7.5%

出典:日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)


愛媛の住宅数は717,000戸、そのうち空き家が130,000戸、空き家率は18.1%となっています。

全国の空き家率の平均(13.6%)と比べると、愛媛は空き家率の非常に高い地域と言えます。


人口の総数は1,410,463人、75歳以上が218,512人、75歳以上率は15.5%です。

後期高齢者(75歳以上)の割合は全国平均の14.2%よりも高く、全国的に見ても愛媛は後期高齢者が多い地域と言えるでしょう。


世帯数は590,000、後期高齢者の単独世帯数は44,000、後期高齢者の単独世帯率7.5%となっています。


日本全体において後期高齢者数・単独世帯数ともに増加傾向にありますが、愛媛でも後期高齢者の数、単独世帯数ともに増加しています。そのため、孤独死の数も増加していると考えられるでしょう。

愛媛の特殊清掃業者の選び方

愛媛は日本全体の平均より後期高齢者数・空き家率の割合が非常に高いですが、特殊清掃を請け負う業者はあまり多いとは言えません。競合業者が少ないために料金も全国平均よりも高く、比較的高額を請求されることが多いです。


なお、特殊清掃業者を選ぶ時は、料金以外にもいくつかチェックすべきポイントがあります。以下の点に留意して、信頼できる業者を選びましょう。


応対は親切か

応対が親切な会社は社員教育が行き届き、作業も丁寧であることが多いです。電話の受け答えや見積もりの対応が好ましいか、必ずチェックするようにしましょう。


また、親切な業者なら、万が一、不手際がある場合にもアフターサービスが受けやすくなります。納得できる作業をしてもらうためにも、親切で信用できる業者を選んでください。


料金の内訳は明瞭か

見積書に「特殊清掃一式」などと、アバウトな記載をしている業者は要注意です。本来ならば、特殊清掃作業では通常の清掃よりも作業の工程が多いので、業者は依頼主に分かりやすく解説しなくてはいけません。見積書に細かく内訳を記載しているかどうかもチェックしてください。


資格を有しているか

特殊清掃だけでなく遺品整理を依頼する場合は、廃棄物処理法に則って不用品を処分し、遺品を丁寧に仕分けてくれる「遺品整理士」の有資格者が在籍していることが望ましいです。また、買取可能な不用品があるなら「古物商許可証」を保有し、適切に買い取ってくれる業者に依頼するようにしましょう。いずれも業者の公式ホームページで記載されていることが一般的なので、依頼する前にチェックしてください。


愛媛の特殊清掃でよくありがちなトラブル

異臭が消えない

特殊清掃をしてから1週間以上経過しても異臭が残っている場合は、臭いの元になる汚れが取り切れていない恐れがあります。技術力が低い業者に依頼してしまうと、このような臭いトラブルに巻き込まれるかもしれません。

技術力が低い業者に依頼すると臭いトラブルに巻き込まれるかもしれないので、業者のホームページで公開されている作業実績情報や見積もり時に見せてもらう写真などを参考にして技術力を判断してください。


請求額が予想以上に高額

見積額よりも2倍、3倍と高額な料金を請求されるトラブルも頻出しています。このような料金トラブルに巻き込まれないためにも、必ず見積もりの段階で不明点を解消しておきましょう。見積書に「実際と異なることもあります」などの怪しい但し書きが記載されていないかもチェックしてください。


無神経な言動

近親者の死によってショックを受けている状態なのに、業者のスタッフが無神経な発言をするならどうでしょうか。平常時ならば笑って済ませられることでも、深く傷ついてしまうかもしれません。不快な思いをしないためにも、気持ちに寄り添う親切な業者を選ぶようにしましょう。


愛媛で特殊清掃を依頼する流れ

警察への通報

ご遺体を発見した時は、すぐに警察に通報します。ご遺体の状況と現場住所を警察に伝え、事件性があるかどうか現場検証してもらいましょう。


業者の見積もり

警察の現場検証が終わってから、特殊清掃業者に見積もりをしてもらいます。ただし、業者への電話連絡だけなら、現場検証前に済ませておくことが可能です。少しでも早く清掃作業に取り掛かって欲しい場合には、警察に連絡する前に業者にも連絡し、現場検証後に見積もりに来てほしい旨を伝えましょう。


消毒・消臭

特殊清掃作業を始める前に、現場の消毒・消臭作業が行われます。消毒・消臭作業を丁寧に行うことで、腐敗物や害虫などによる感染リスクを抑えられます。


特殊清掃・遺品整理

いよいよ特殊清掃を開始します。遺品整理を依頼した場合は、特殊清掃後に整理作業をしてもらいます。重要書類などが見つかることもあるので、依頼主は必ず遺品整理に立ち会いましょう。


原状回復作業

汚れが壁裏や床下にまで広がっている場合は、壁材や床材の張り替えが必要になることがあります。汚れが臭いの元になるので、費用がかかっても徹底的に清掃してもらうことをおすすめします。原状回復後に再度消毒・消臭を行い、特殊清掃作業は完了です。

愛媛県の市区町村から特殊清掃業者を探す