和歌山県の特殊清掃・孤独死清掃に対応しているおすすめの業者

和歌山の特殊清掃の相場

料金の目安
1K 33,500円〜
1DK 72,000円〜
1LDK 76,000円〜
2DK 105,000円〜
2LDK 122,000円〜
3DK 155,000円〜
3LDK 168,000円〜
4LDK 220,000円〜

※亡くなった場所や、亡くなってからの経過時間、消臭が必要な箇所などで料金は変動します。あくまで目安として参考にしてください。

和歌山の特殊清掃事情

住宅と空き家
住宅数 484,000
空き家数 98,000
空き家率 20.2%

出典:平成30年住宅・土地統計調査


年齢別人口数
年齢 総数
総数 963,579 453,216 510,363
75歳以上 149,093 56,029 93,064
75歳以上率 15.5% 12.4% 18.2%

出典:和歌山県:国勢調査年齢(5歳階級)、男女別人口


世帯数
総数 393,000
75歳以上単独世帯数 31,000
75歳以上単独世帯率 7.9%

出典:日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)


和歌山の住宅数は484,000戸、そのうち空き家が98,000戸、空き家率は20.2%となっています。

全国の空き家率の平均が13.6%であることと比較した場合、和歌山は空き家率の高い地域にといえるでしょう。


人口の総数は963,579人、75歳以上が149,093人、75歳以上率は15.5%です。

後期高齢者(75歳以上)の割合は全国平均の14.2%と比べても少し高く、後期高齢者の多い地域でもあります。


世帯数は393,000、後期高齢者の単独世帯数は31,000、後期高齢者の単独世帯率7.9%となっています。


後期高齢者の数、単独世帯数と空き家数どれも増加傾向にあり、孤独死の増加も考えることができます。

和歌山の特殊清掃業者の選び方

後期高齢者数や空き家の数が増加している和歌山県は、特殊清掃業者数も多い傾向です。料金は各業者によって開きもあり、極端に安いケースもあれば全国平均より高いケースもあり迷うところです。しかし、料金だけで判断してしまうと、思わぬリスクが生じる可能性もあるため要注意です。


特殊清掃業者を選ぶ時は、料金に加えて以下に挙げるポイントを参考に特殊清掃業者を選びましょう。


誠実な対応かどうか

特殊清掃自体、身近なサービスではありません。そのため不安を抱く方も多いことでしょう。優良な特殊清掃業者は、サービス内容から手続きなど説明しながらサポートしていて、利用者の負担を抑えながら動いてくれます。

しかし、優良とはいえない業者は、説明も少なく冷たい対応を繰り返す傾向があります。

問い合わせの際に丁寧な対応をしてくれるかどうかで、見積りを行うか判断しましょう。


料金の内訳は分かりやすいか

見積書を確認する時は、総額だけでなく料金の内訳が明確になっているどうかも見ておきましょう。

通常、特殊清掃業者は、清掃業務にかかる具体的な作業項目と料金など細かく記載した上で利用者に説明します。

対して悪質な業者の中には、料金および作業項目のおかしい部分を知られたくないため、どんぶり勘定を行い詳細な説明を避けるケースがあります。どんぶり勘定の場合は、契約を一旦保留にしましょう。


資格を保有しているか

各特殊清掃業者の料金が同程度の場合は、資格の保有について確認してみるのも大切です。

たとえば遺品整理や遺品の取扱いに関する専門知識を持った遺品整理士は、廃棄物処理法を理解した上で丁寧に作業を進めてくれます。また、遺品整理時に買取を行う業者の場合は、買取に必要な古物商許可を取得しているかどうかも確認してみてください。


和歌山の特殊清掃でよくありがちなトラブル

異臭が残る

現場状況によっては床下や内壁まで体液や血液が浸透してしまうことがあり、表面の清掃だけでは臭いを除去できません。技術力の低い特殊清掃業者は、内装解体などに対応できない可能性もあり、臭いも残ってしまいます。特殊清掃業者を選ぶ時は、公式HPで作業の流れや対応範囲を確認した上で、見積りを依頼しましょう。


見積もりにない料金の追加請求

見積りにない料金を契約後に追加料金として請求されることがあります。さらに追加料金が、不当に高額なこともあり要注意です。

悪質な業者は、見積書に「現場の状況によります」などといった曖昧な文言を盛り込み後から請求できるよう細工を施しています。料金に関するトラブルに遭わないためにも、特殊清掃業者の口コミサイトを見たり、見積書をよく確認したりしましょう。


配慮の足りない態度や言動

特殊清掃を依頼しなければいけない状況の場合、親族が亡くなったショックも大きく、落ち込んだり不安感もあったりします。

そして悪質な特殊清掃業者は、ショックを受けている利用者に対して配慮の足りない態度や言動を繰り返すこともあります。配慮の足りない態度を繰り返す業者に依頼しないためには、口コミサイトなども確認しながら依頼先について判断しましょう。


和歌山で特殊清掃を依頼する流れ

遺体発見・通報

ご遺体を発見した時は、現場を触らず速やかに警察へ通報しましょう。通補を受けた警察は現場検証を行い、事件性の有無などを判断します。なお、現場検証中は、親族でも現場に立ち入ることはできません。


業者へ問い合わせ・見積もり

警察の現場検証が終了し入室許可も出た後は、特殊清掃業者に問い合わせして見積りや訪問調査を依頼できます。ただし、特殊清掃業者への連絡のみであれば入室許可以前でも可能です。大まかな予算を知るためにも、連絡だけでも済ませておきましょう。


消毒・消臭作業

特殊清掃業者は、遺品整理作業の前に異臭除去や感染症予防の一環として、消毒・消臭作業から行ってもらいます。また、消毒・消臭作業は、二酸化塩素や抗菌剤などさまざまな薬剤を使用しているのも特徴的です。


特殊清掃・遺品整理作業

消毒・消臭作業後は、床や壁などの清掃や遺品整理作業を進めてもらいます。遺品整理作業では、依頼者も立ち会い遺品の区分や引取りなどができます。


原状回復工事

現場の状況によっては、床下や壁の内側にも血液などが浸透し、表面の清掃では異臭除去できないケースもあります。汚染が進行している場合は、床や壁を一部解体リフォームしてもらうことができます。そして、原状回復後に再度消臭作業を行い終了です。


和歌山県の市区町村から特殊清掃業者を探す