兵庫県の特殊清掃・孤独死清掃に対応しているおすすめの業者

兵庫の特殊清掃の相場

料金の目安
1K 35,000円〜
1DK 66,000円〜
1LDK 77,000円〜
2DK 104,000円〜
2LDK 126,000円〜
3DK 152,000円〜
3LDK 173,000円〜
4LDK 213,000円〜

※亡くなった場所や、亡くなってからの経過時間、消臭が必要な箇所などで料金は変動します。あくまで目安として参考にしてください。

兵庫の特殊清掃事情

住宅と空き家
住宅数 2,684,000
空き家数 360,000
空き家率 13.4%

出典:平成30年住宅・土地統計調査


年齢別人口数
年齢 総数
総数 5,468,729 2,604,288 2,864,441
75歳以上 694,869 269,416 425,453
75歳以上率 12.7% 10.3% 14.9%

出典:住民基本台帳による兵庫県の世帯と人口


世帯数
総数 2,252,000
75歳以上単独世帯数 134,000
75歳以上単独世帯率 6.0%

出典:日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)


兵庫の住宅数は2,684,000戸、そのうち空き家が360,000戸、空き家率は13.4%となっています。

全国の空き家率の平均(13.6%)と同程度で、兵庫は空き家率が平均的な地域と言えます。


人口の総数は5,468,729人、75歳以上が694,869人、75歳以上率は12.7%です。

後期高齢者(75歳以上)の割合は全国平均の14.2%よりも少なく、全国的に見ても兵庫は後期高齢者の割合は少ない地域と言えるでしょう。


世帯数は2,252,000、後期高齢者の単独世帯数は134,000、後期高齢者の単独世帯率6.0%となっています。


日本全体において後期高齢者数・単独世帯数ともに増加傾向にありますが、兵庫でも後期高齢者の数、単独世帯数ともに増加が見られています。後期高齢者・空き家の割合は低めですが、人口が多い県なので後期高齢者数、空き家数は共に多いです。そのため、孤独死の件数は多いと考えられます。

兵庫の特殊清掃業者の選び方

兵庫は日本全体の平均と同程度の空き家率ですが、人口が多いため、特殊清掃を請け負う業者数も多めです。競合業者が多いので料金は全国平均よりも低く、比較的安価に特殊清掃を依頼することができるでしょう。


特殊清掃業者を選ぶ時は「料金が適正か」という点も重要ですが、料金だけで決めるのはおすすめできません。次の3点をぜひ確認し、納得できる業者を選びましょう。


対応が親切であること

問い合わせたときの電話応対は親切でしょうか。言葉遣いが丁寧で親切なスタッフが揃っている業者は、社員教育が行き届いていることが多く、仕事も丁寧なことが多いです。満足できる作業をしてもらうためにも、親切な業者を選びましょう。


内訳が詳細に記載されていること

見積書に詳細な内訳が記載されているかどうかも、必ずチェックしてください。内訳が明確に記載されておらず、「清掃一式」や「その他経費」などと曖昧にしている業者は、清掃作業に手抜きが生じる恐れがあります。後でトラブルにならないためにも、見積もりの時点で工程ごとの料金を明確に提示する業者を選びましょう。


必要な資格を保有していること

特殊清掃以外の作業を依頼するときは、必要に応じた資格を保有していることも確認してください。例えば遺品整理もして欲しいと考えている方は、廃棄物処理法を理解して丁寧に遺品を仕分けてくれる遺品整理士が在籍する業者が望ましいです。また、不用品の廃棄処分も依頼するなら、買取をしてくれる古物商許可証を有する業者がおすすめです。


兵庫の特殊清掃でよくありがちなトラブル

異臭が消えない

特殊清掃をすれば、通常ならば1週間ほどで腐敗物等による異臭は消えます。しかし、臭いの元になる汚れが取り切れていないときは、異臭が長く残ります。ホームページ等に掲載されている作業実績を参考にして、技術力が高く丁寧に清掃を行う業者を選ぶようにしましょう。


請求額が高すぎる

見積額より何倍も高い金額を請求されるというトラブルもあります。請求額が見積もりよりも少々高くなってしまうことは仕方のないことですが、あまりにも高くなるのでは困ります。見積書に「状況によって料金が変わることもあります」と但し書きがある場合には、どの程度高くなる可能性があるのか確認しておきましょう。


非常識な言動

特殊清掃を依頼するとき、依頼主は近親者の死などによって傷ついていることも多いです。そのような状況下で清掃スタッフが非常識な言葉をかけるなら、さらに気持ちが落ち込むでしょう。不快な経験をしないためにも、気持ちに寄り添ってくれる親切な業者を選びましょう。


兵庫で特殊清掃を依頼する流れ

遺体発見・警察への通報

ご遺体を発見した時は、まずは警察に通報しましょう。警察に事件性の有無を検証してもらい、その後に葬儀会社や特殊清掃業者の手配を行います。なお、警察が検証を行っている間は、家族であっても現場に立ち入ることはできません。


業者への見積もり依頼

警察から立ち入り許可が出た後、特殊清掃業者に見積もりを依頼します。現場検証前に特殊清掃業者に電話連絡を済ませておくなら、立ち入り許可が出たらすぐに見積もりを取ってもらうことも可能です。


消毒・消臭

特殊清掃作業を始める前に、現場の消毒・消臭作業が実施されます。消毒・消臭を行うことで、腐敗物や害虫などによる感染リスクを抑えることができます。


特殊清掃・遺品整理

消毒・消臭後、特殊清掃作業が始まります。通常の清掃には用いない特殊な薬剤や機械を使うので、時間がかかることが多いです。遺品整理も依頼している場合は、清掃作業後に整理作業へと移ります。宝飾品や預金通帳などが紛れていることもあるので、遺品整理の際には必ず依頼主自身が立ち会うようにしましょう。


原状回復作業

汚れ等が床下や壁裏に広がっている場合には、床材・壁材を外して新しいものに取り替えます。床材・壁材の種類によっては、原状回復作業に高額な費用がかかることもあります。


兵庫県の市区町村から特殊清掃業者を探す