大阪府の特殊清掃・孤独死清掃に対応しているおすすめの業者

大阪の特殊清掃の相場

料金の目安
1K 34,200円〜
1DK 59,000円〜
1LDK 75,000円〜
2DK 85,000円〜
2LDK 119,000円〜
3DK 150,000円〜
3LDK 165,000円〜
4LDK 220,000円〜

※亡くなった場所や、亡くなってからの経過時間、消臭が必要な箇所などで料金は変動します。あくまで目安として参考にしてください。

大阪の特殊清掃事情

住宅と空き家
住宅数 4,679,000
空き家数 709,000
空き家率 15.2%

出典:平成30年住宅・土地統計調査


年齢別人口数
年齢 総数
総数 8,839,469 4,256,049 4,583,420
75歳以上 1,030,480 406,405 624,075
75歳以上率 11.7% 9.5% 13.6%

出典:平成27年国勢調査 大阪府の人口(統計表)


世帯数
総数 3,823,000
75歳以上単独世帯数 218,000
75歳以上単独世帯率 5.7%

出典:日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)


大阪の住宅数は4,679,000戸、そのうち空き家が709,000戸、空き家率は15.2%となっています。

全国の空き家率の平均13.6%と比較すると、人口の集中する大阪府は高めの地域となっています。


人口の総数は8,839,469人、75歳以上が1,030,480人、75歳以上率は11.7%です。

後期高齢者(75歳以上)の割合は全国平均の14.2%と比べて少し低いものの、後期高齢者数増加の可能性もある地域と考えられます。


世帯数は3,823,000、後期高齢者の単独世帯数は218,000、後期高齢者の単独世帯率5.7%となっています。


後期高齢者の数、単独世帯数は全国平均よりも少し低い傾向ですが、総人口数の多い地域でもあるため今後孤独死の増加など懸念されます。

大阪の特殊清掃業者の選び方

後期高齢者数や単独世帯率などの数は比較的抑えられている大阪府ですが、特殊清掃業者数60社以上と非常に多い地域で、安い料金プランも見受けられます。

特殊清掃業者の数が多いと、どこに依頼すればいいのか迷ってしまうことでしょう。そこで次に項目で挙げるポイントを確認した上で、特殊清掃業者を選んでみてはいかがでしょうか。


親切かつ丁寧に対応している

特殊清掃業者は、依頼者の心情を理解した上で受付対応やサービスの説明、その他丁寧に対応しています。また、このような業者に依頼できれば、精神的な負担も抑えられるでしょう。対して悪質業者の場合は、サービス内容の説明不足や冷たい対応など粗の目立つ状態です。業者へ問い合わせる時は、丁寧な説明かどうかで見積りを検討しましょう。


料金の内訳も記載している

特殊清掃業者から見積書を提示された時は、内訳を詳細に記載しているかどうかも確認しましょう。通常、特殊清掃業務は、人件費から移動費、清掃道具や薬剤など複数の料金項目で構成するものです。しかし、総額料金で提示するような業者は、手抜き作業もしくは法外な料金が含まれていることを隠している可能性もあります。


資格の有無

どの特殊清掃業者も料金や対応面で大きな違いが無い時は、資格の有無から検討してみるのもいいでしょう。たとえば遺品整理士は、遺品の取扱い方法や特殊清掃業務の事務手続き、廃棄物処理法まで学んだうえで対処してくれます。


買取対応している業者から比較している場合は、古物商許可を取得しているかどうか確認してください。買取には古物商許可が必要ですので、買取対応している特殊清掃業者の公式HPや事業所には古物商許可番号を記載しています。


大阪の特殊清掃でよくありがちなトラブル

異臭が消えていない

現場の状況によっては、数10分の消毒・消臭作業で異臭を除去できないケースもあります。さらに技術力の低い業者は、状況に合わせて対応できないため異臭を完全に除去できません。このような質の低い特殊清掃業者に依頼しないためには、公式HPで作業実績を確認したりアフターフォローサービスを用意しているか質問してみたりしましょう。そして、質の高い業者から比較検討し、見積りや細かな対応から絞り込むのが大切です。


高額な追加料金の請求

悪質な業者は、利益を高めるために契約後に高額な追加料金を請求することがあります。そして、見積書には「現場の状況によります」など、後から言い訳ができる文言を残すなど対策を施しています。

料金トラブルに遭わないようにするには、見積書に記載している文言を全て確認するのはもちろん、契約後の追加料金について質問しましょう。曖昧な回答を繰り返したり、不審な項目を残していたりする業者であれば契約を避けるのが重要です。


依頼者の心情を理解していない言動

優良な特殊清掃業者は、親族の孤独死で落ち込んでいたり動揺したりしている依頼者の心情を理解した上で、言動や態度に配慮しています。そして、依頼者の精神的な負担を増やさないよう、気を使いながら作業を進めてくれます。

しかし、悪質業者の優先順位は利益ですので、依頼者の心情や精神的な負担などに配慮せず、事務的に対応したり失礼な態度を繰り返したりします。まずは問い合わせの段階で、冷淡な態度をしてくるかどうかで見積を取るか判断しましょう。


大阪で特殊清掃を依頼する流れ

遺体の発見・警察へ通報

ご遺体を発見した時は、現場やご遺体に触れずスピーディに警察へ通報しましょう。

警察は現場に到着次第、現場検証を行い、事件性の有無について慎重に判断します。なお、現場検証を行ってもらっている間は、親族でも現場に立ち入ることはできないので要注意です。


特殊清掃業者へ連絡・見積りと依頼

入室許可が出た後は、特殊清掃業者へ連絡して現場の状況や訪問調査の日程を調整してもらいます。そして訪問日に現地調査を実施し、見積りをとってもらう流れです。

なお、特殊清掃業者への連絡のみであれば入室許可の前でも問題ありません。スピーディに特殊清掃業務を進めてもらうためには、入室許可以前に電話連絡だけでも行いましょう。


消毒・消臭作業

契約後は、事前に調整してもらった日時に特殊清掃業務が現場へ訪問し、遺品整理前に消毒・消臭作業を行ってもらえます。現場の状況によっては、数日程度消毒・消臭作業を行ってもらわなければいけないケースもあるため、見積りの段階で作業日数も確認しておきましょう。


特殊清掃・遺品整理作業

消毒・消臭作業後は床や壁、遺品などの清掃作業と遺品整理作業も行ってもらえます。また、遺品整理作業の時は、依頼者も立ち会うことができるので、その場で思い出の品や貴重品などを引き取れます。


原状回復工事

床下や壁の内側にまで体液などの進行や部材の腐食といった現象が進んでいると、表面の清掃業務では異臭を完全に除去できません。さらに部材の腐食などは建物の安全性にも影響を与えます。解体許可を受けている特殊清掃業者の場合は、清掃後に解体からリフォーム工事まで対応してくれるので依頼しておきましょう。また、原状回復後は、再度消臭作業を行い全作業完了です。


大阪府の市区町村から特殊清掃業者を探す