京都府の特殊清掃・孤独死清掃に対応しているおすすめの業者

京都の特殊清掃の相場

料金の目安
1K 34,000円〜
1DK 60,000円〜
1LDK 76,000円〜
2DK 100,000円〜
2LDK 126,000円〜
3DK 152,000円〜
3LDK 170,000円〜
4LDK 215,000円〜

※亡くなった場所や、亡くなってからの経過時間、消臭が必要な箇所などで料金は変動します。あくまで目安として参考にしてください。

京都の特殊清掃事情

住宅と空き家
住宅数 1,337,000
空き家数 172,000
空き家率 12.8%

出典:平成30年住宅・土地統計調査


年齢別人口数
年齢 総数
総数 2,610,353 1,248,972 1,361,381
75歳以上 329,552 128,069 201,483
75歳以上率 12.6% 10.3% 14.8%

出典:住民基本台帳による京都府の世帯と人口


世帯数
総数 1,120,000
75歳以上単独世帯数 67,000
75歳以上単独世帯率 6.0%

出典:日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)


京都の住宅数は1,337,000戸、そのうち空き家が172,000戸で、空き家率は12.8%となっています。

全国の空き家率の平均が13.6%であることから、京都は平均より空き家率がやや低い地域と言えます。


人口の総数は2,610,353人、75歳以上が329,552人、75歳以上率は12.6%です。

後期高齢者(75歳以上)の割合は全国平均の14.2%より低く、京都は後期高齢者が少なめの地域と言えるでしょう。


世帯数は1,120,000、後期高齢者の単独世帯数は67,000、後期高齢者の単独世帯率6.0%となっています。


全国的に後期高齢者数・単独世帯数ともに増加傾向にありますが、京都でも後期高齢者の数、単独世帯数ともに増加しています。その分、孤独死の数も増加していると推察できます。

京都の特殊清掃業者の選び方

京都は全国平均より後期高齢者数の割合が低いですが、特殊清掃業者は多数あります。競合の業者が多い分、料金相場は低めで、他の地域よりも低額でサービスを利用できることが多いです。

料金が良心的であることも重要なポイントですが、特殊清掃業者を選ぶときは、作業の質や応対にも注目してください。作業の質が低いと臭いや汚れが取り切れない恐れもありますし、応対が丁寧でないと不快な思いをする可能性もあります。業者選びで迷った時は、以下に挙げるポイントをチェックしてみましょう。


応対が丁寧か

作業が丁寧かどうかは、実際に仕事を進めてもらうまでは分かりません。しかし、応対が丁寧かどうかは、問い合わせの電話や見積もりのちょっとした時間でも分かります。

実際のところ、スタッフの言葉遣いや態度が丁寧な業者は、社員教育が行き届き、作業も丁寧なことが多いです。丁寧に仕事をしてもらうためにも、業者の応対を厳しくチェックしてみましょう。


料金の内訳を丁寧に解説してくれるか

見積書に合計額しか記載していない業者は、注意するほうが良いかもしれません。

特殊清掃作業では通常の清掃よりも作業の工程が多いので、本来ならば明細も長くなるはずです。料金の内訳を詳しく記載し、依頼主の質問に対しても明快に解説してくれるかどうかも、必ずチェックしてください。


資格の有無

特殊清掃だけを依頼するときなら、業者の資格についてはチェックしなくても問題ありません。しかし、遺品整理や不用品買取サービスも依頼する場合には、適切な資格を有する業者かどうかを確認するようにしましょう。

たとえばスタッフに遺品整理士がいれば、廃棄物処理法を理解し、遺品を丁寧に仕分けてもらえます。また、古物商許可証を保有している業者なら、ブランド品やまだ使える家具・家電等を買い取ってもらうこともできるでしょう。高額で買い取ってもらえれば、特殊清掃にかかる費用を抑えられることもあります。


京都の特殊清掃でよくありがちなトラブル

異臭が長く残る

汚れを取り除けば、異臭が消えるわけではありません。汚れが床下や壁の内側まで広がっている場合には、床や壁を剥がして清掃しないと臭いはいつまでも残ります。

技術力が高い特殊清掃業者に依頼すれば、臭いの元まできっちりと清掃してくれますが、そうでない業者に依頼してしまうと、清掃後も異臭が残る恐れがあるので注意が必要です。技術力の高さは、業者のホームページ内にある作業実績でもチェックできるでしょう。また、アフターサービスを提供している業者なら、万が一、異臭が消えないときも作業をやり直してもらうことができます。


請求額が高すぎる

請求額が見積額よりも高くなってしまうケースがあります。作業中に予想外の汚れがある場合も想定されるため、少々高くなっているのは仕方のないことですが、あまりにも見積額と請求額が異なるのでは困ります。

見積もりの段階で請求額の上限などの不明点について尋ねておきましょう。


無神経な言動

作業が丁寧でも、言葉や態度に問題のある特殊清掃業者は避けたいものです。特殊清掃を依頼するときは、近親者の死や衝撃的な光景によってナーバスになっていることが多いです。

そのため、普段以上に無神経な言動に傷つきやすくなっています。無用なストレスを受けないためにも、問い合わせ時から親切に対応してくれる業者を選ぶようにしましょう。


京都で特殊清掃を依頼する流れ

遺体の発見・通報

ご遺体を発見したときは、すぐに警察に通報してください。

事件性の有無を警察に検証してもらうので、ご遺体には触れないように注意しましょう。


業者の見積もり

警察から現場への立ち入り許可が出たら、特殊清掃業者に見積もりを依頼します。

なお、スムーズに見積もりを取るためにも、現場検証前に特殊清掃業者に電話連絡しておくことをおすすめします。


消毒・消臭

特殊清掃作業を開始する前に、消毒・消臭作業が行われることが一般的です。消毒・消臭をしておくことで、腐敗物や害虫による感染リスクを抑えることができます。


特殊清掃・遺品整理

消毒・消臭後、いよいよ特殊清掃作業が始まります。

遺品整理を依頼した場合は、特殊清掃後に遺品整理が実施されます。遺品の中に重要書類や貴重品などが見つかることもあるので、必ず遺品整理時には立ち会うようにしてください。


原状回復工事

汚れが深刻な場合には、壁材や床材を張り替えて、徹底的に清掃してもらいます。張り替え作業が完了したら、再度消毒・消臭を行って完了です。

臭いの程度や湿度にもよりますが、完全に異臭がなくなるまでに1週間以上かかることもあります。


京都府の市区町村から特殊清掃業者を探す