滋賀県の特殊清掃・孤独死清掃に対応しているおすすめの業者

滋賀の特殊清掃の相場

料金の目安
1K 35,000円〜
1DK 67,000円〜
1LDK 77,000円〜
2DK 108,000円〜
2LDK 132,000円〜
3DK 158,000円〜
3LDK 182,000円〜
4LDK 223,000円〜

※亡くなった場所や、亡くなってからの経過時間、消臭が必要な箇所などで料金は変動します。あくまで目安として参考にしてください。

滋賀の特殊清掃事情

住宅と空き家
住宅数 624,000
空き家数 81,000
空き家率 13.0%

出典:平成30年住宅・土地統計調査


年齢別人口数
年齢 総数
総数 1,413,959 699,138 714,821
75歳以上 181,648 74,356 107,292
75歳以上率 12.8% 10.6% 15.0%

出典:住民基本台帳による滋賀県の世帯と人口


世帯数
総数 517,000
75歳以上単独世帯数 20,000
75歳以上単独世帯率 3.9%

出典:日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)


滋賀の住宅数は624,000戸、そのうち空き家が81,000戸、空き家率は13.0%となっています。

全国の空き家率の平均が13.6%であることから、滋賀は平均よりは低い空き家率の地域と言えます。


人口の総数は1,413,959人、75歳以上が181,648人、75歳以上率は12.8%です。

後期高齢者(75歳以上)の割合は全国平均の14.2%より低く、滋賀は後期高齢者が少なめの地域と言えるでしょう。


世帯数は517,000、後期高齢者の単独世帯数は20,000、後期高齢者の単独世帯率3.9%となっています。


日本全体と同様、滋賀も後期高齢者の数、単独世帯数はともに増加傾向にあり、孤独死の数も増加していると見ることができます。

滋賀の特殊清掃業者の選び方

日本全体よりは後期高齢者数の割合が低い滋賀ですが、特殊清掃を請け負う業者は多くあります。しかし、都市部と比べると料金はやや高く、業者選びも悩むところです。

料金だけで選ぶと清掃が丁寧でない可能性もあるので、作業の質にも注目して業者を選びたいものです。迷ったときは、以下に挙げるポイントを参考にしてください。


気持ちに寄り添う対応か

特殊清掃業者は、利用者が不安を抱いていることを理解している必要があります。利用者の気持ちに寄り添って、電話での問い合わせにも親切に対応してくれる業者を選びましょう。

対応の親切さは、作業の丁寧さにもつながります。適当な作業を行う業者に依頼してしまうと汚れや臭いが残る恐れもあるので、結局高くついてしまいます。


料金の内訳が記載されているか

見積書に料金の内訳が明確に記載されている点も重要です。

大雑把に合計額しか書かれていないと、一体どのような作業を行うのか利用者は不安になってしまいます。料金の内訳を明確にし、納得できるまで丁寧に説明してくれる業者を選びましょう。


適切な資格を持っているか

必要な資格を持っているのかも、業者選びの参考にすることができます。たとえば遺品整理も依頼する場合は、遺品整理士が担当してくれる業者が好ましいです。遺品整理士は廃棄物処理法を理解し、遺品を丁寧に仕分けてくれるスペシャリストです。

また、不用品を買い取って欲しいときは、古物商許可を有する業者に依頼することが望ましいです。業者のホームページに古物商許可番号が記載されているかどうかも確認してください。


滋賀の特殊清掃でよくありがちなトラブル

作業後に臭いが残る

技術力の低い業者が特殊清掃を行うと、異臭が残るかもしれません。表面の汚れだけでなく床下や壁の内側まで清掃してくれる業者を選びましょう。ただし、優良業者が清掃する場合でも、通常、臭いは1週間ほど残ります。10日を過ぎても臭いが残っている場合は、清掃し残した部分があるのかもしれません。業者に問い合わせてみましょう。

事前に業者の作業実績を確認しておくなら、臭いのトラブルを回避しやすくなります。また、一定期間内のアフターサービスを実施している業者に依頼すれば、トラブルが起こった場合も安心です。


見積額よりも請求額が高すぎる

見積書に「現場の状況によります」などといった文言が記載されているときは、作業後に高額な料金を請求される可能性があります。見積書を丁寧に確認し、不明な項目がある場合は業者に質問して、後でトラブルにならないように注意してください。


無神経な言葉・対応

孤独死の現場は、身内にとっては衝撃を受けるものであることが多いです。依頼者の気持ちに寄り添わない特殊清掃業者に作業を依頼してしまうと、無神経な言葉や対応に傷つくことがあるかもしれません。

気持ちよく特殊清掃を進めていくためにも、問い合わせ時や見積もり時の対応を厳しくチェックしてください。親切かつ丁寧な業者を選ぶようにしましょう。


滋賀で特殊清掃を依頼する流れ

遺体の発見と通報

長く連絡が取れない親族や、近隣の人々から「異臭がする」などの連絡があったときなど、さまざまなきっかけでご遺体が発見されます。

ご遺体が発見されたときはすぐに警察に通報しましょう。警察に事件性の有無などを調べてもらってから、葬儀業者や特殊清掃業者に依頼します。


業者への連絡と見積もり

警察より入室許可が出たら、特殊清掃業者に連絡します。

なお、特殊清掃業者への連絡だけなら、警察の現場検証前に行うことも可能です。おおよその現場の状況を伝えることで、予算の目安を前もって知ることができます。


消毒・消臭

特殊清掃作業を開始する前に、臭い除去や感染症予防のために、消毒・消臭作業が行われます。通常、作業中は依頼主の立ち入りが禁じられます。


特殊清掃・遺品整理

清掃作業および遺品整理作業を行っていきます。

流れ出した体液や血液などの汚染具合に応じて、清掃作業の時間や費用が異なります。また、遺品整理の際には必ず立ち会うようにしてください。重要書類や貴重品が見つかることもあります。


原状回復工事

床下や壁の内側にまで汚染が進行しているときは、表面の清掃だけでは臭いや汚れを完全に除去することはできません。該当箇所を解体して、必要に応じて張り替え等の工事を行います。

工事が完了したら、再度消毒・消臭を行って完了です。なお、梅雨の時期や換気が悪い部屋の場合、臭いが完全になくなるまでに1週間以上かかることもあります。


滋賀県の市区町村から特殊清掃業者を探す