青森県の特殊清掃・孤独死清掃に対応しているおすすめの業者

青森の特殊清掃の相場

料金の目安
1K 38,000円〜
1DK 68,000円〜
1LDK 93,000円〜
2DK 120,000円〜
2LDK 149,000円〜
3DK 180,000円〜
3LDK 196,000円〜
4LDK 236,000円〜

※亡くなった場所や、亡くなってからの経過時間、消臭が必要な箇所などで料金は変動します。あくまで目安として参考にしてください。

青森の特殊清掃事情

住宅と空き家
住宅数 594,000
空き家数 88,000
空き家率 14.8%

出典:平成30年住宅・土地統計調査


年齢別人口数
年齢 総数
総数 1,262,815 593,290 669,525
75歳以上 209,392 74,795 134,598
75歳以上率 16.6% 12.6% 20.1%

出典:青森県庁 「平成30年 青森県の人口」について(概要)

出典:「平成30年 青森県の人口」


世帯数
総数 511,000
75歳以上単独世帯数 28,000
75歳以上単独世帯率 5.4%

出典:日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)


青森県の住宅数は594,000戸、そのうち空き家が88,000戸、空き家率は14.8%となっています。

全国の空き家率の平均が13.6%であり、青森県は比較的空き家率の高い地域と考えることができます。


人口の総数は1,262,815人、75歳以上が209,392人、75歳以上率は16.6%です。

後期高齢者(75歳以上)の割合は全国平均の14.2%より高く、北海道は後期高齢者が多い地域と言えるでしょう。


世帯数は511,000、後期高齢者の単独世帯数は28,000、後期高齢者の単独世帯率5.4%となっています。


日本は超高齢化社会に突入していて、青森県の後期高齢者の数、単独世帯数から見ても、同様の傾向が見て取れます。また、単独世帯の後期高齢者数が増加傾向ですと、孤独死の数も増加していると考えられます。

青森の特殊清掃業者の選び方

高齢者数や単独世帯の後期高齢者数が増加している青森県ですが、総人口の少ない地域でもあるため特殊清掃業者は少ない傾向です。また、特殊清掃料金は、相場と同じ金額のサービスも多いものの1~2万円程度高いケースもあるため、注意が必要です。


特殊清掃業者を比較検討する時は、何を比較すればいいのか迷ってしまうこともあるかと思います。その場合は、ここで挙げる以下ポイントを参考にしながら、改めて特殊清掃業者を選んでみることをおすすめします。


顧客への対応に関して問題がないか

身内の孤独死などショックの大きい事象を目の当たりにすると、特殊清掃を依頼する際もなかなか不安や焦りを抑えられません。

そして、このような依頼者の不安や焦り・ショックを理解している特殊清掃業者は、電話問い合わせなどに丁寧かつ優しく対応してくれるものです。

万が一相談の際に、冷淡な対応をされたり、上から目線の対応をされたりした場合は、清掃作業の品質も悪いことが多いです。

特殊清掃業者を探す時は、依頼者に寄り添ったきめ細やかな対応をしてくれる業者かどうかにも注意しましょう。


特殊清掃料金の内訳を明記しているか

特殊清掃業者の依頼先が数社に絞れて見積依頼をした場合、見積書類に記載される料金の項目が明確になっているかどうか確認してみてください。

優良な特殊清掃業者は、サービス内容や費用項目を把握できない利用者目線で、料金の内訳を明確にしますし、見積提示の際に内容と具体的な作業を説明してくれます。

万が一、依頼者の質問をはぐらかしたり、料金の項目総額表示のみの業者はどんぶり勘定で請求している可能性もあるので避けましょう。また、適正な見積もりかどうかも把握できないので、優良業者を改めて探すのがおすすめです。


遺品整理士など専門資格を持っているか

見積や対応に関して特に問題がないと判断できた場合は、特殊清掃業務に必要な資格を所有しているかどうかも確認してみましょう。


国内の法律では、遺品整理を行う時に廃棄物処理法が関与します。そして、廃棄物処理法や関連する専門知識を習得し、遺品を適切に扱ってくれるのが遺品整理士の役目です。そこで遺品整理士の資格の有無を公式サイトや相談時に確認したり、遺品整理に関する作業手順を丁寧に分かりやすく説明してくれるか質問してみましょう。


可能な限り遺品整理士が在籍している特殊清掃業者を探してみるのが大切です。


ちなみにですが、遺品整理を行う業者の多くは、遺品買取まで行うサービスも展開しています。しかし買取を行うには古物商許可が必要ですので、依頼予定の業者が古物商許可を取得・古物商許可番号を公式サイトや店舗に記載されているか確認するのも重要です。


古物商許可証の取得していない業者は、遺品などの買取は認められていません。


青森の特殊清掃でよくありがちなトラブル

独特の匂いが残ってしまう

特殊清掃には解体業の資格を保有していて、消臭に関する技術も必要です。

関する知識や技術のない業者が特殊清掃を担当すると、異臭が残ってしまい再清掃を行うなど手間と費用がかさみます。通常、床下まで体液や血液が浸透していた場合、解体業許可を得た業者が解体作業および清掃を行わなければ完全消臭できません。


このような悪質なトラブルに遭わないためにも、事前に特殊清掃業者の作業実績と解体業許可に関する資格を確認し、さらに経験が豊富かどうかを公式サイトや問い合わせ時に確認しましょう。


事前に業者の作業実績を確認しておくなら、臭いのトラブルを回避しやすくなります。また、一定期間内のアフターサービスを実施している業者なら、トラブルが起こった場合も安心です。


見積もり後に追加料金を請求

悪質な業者の中には、費用見積もり・依頼後に高額な追加料金を請求されてしまうケースがあります。そのような悪質業者は見積書に、「現場の状況によります」などという言い訳するための文言や、「状況によっては変更点もあります」など不審・曖昧な言葉を残すことも多いです。

まずは見積書の隅々まで確認し、不審な項目を見つけた時は業者に質問しましょう。しかし、曖昧な回答を受けた場合は、契約せず別の業者を探しましょう。


無神経な言動や態度

特殊清掃の依頼が必要な状況となりますと、どうしても身内の逝去という現実、その現場を見てショックを受けるものです。


優良な特殊清掃業者は、依頼主の心情を察し丁寧で優しい説明と対応、言葉1つ1つに神経を使っています。また、気遣いのできる業者かどうかは、問い合わせ時の言葉遣いや説明で差が付きます。


しかし、悪質な業者の中には、無神経な言動や行動を取るケースもあるため、非常にストレスを受ける可能性があります。このようなトラブルに遭わないよう、口コミなども参考にしながら相談するのが重要です。


青森で特殊清掃を依頼する流れ

遺体の発見・警察へ通報

何度電話・メールをしても連絡が取れない、部屋に向かってみると異臭がする、なぜか玄関や窓から虫が湧いているなど、さまざまな異変がきっかけでご遺体を発見します。そしてご遺体を発見した場合は、警察へ通報しましょう。


その後は、警察による現場検証が始まり、事件性の有無など判断します。なお、この間は親族でも現場へ立ち入ることはできません。


特殊清掃業者への連絡・見積もり

警察の現場検証が終わると、入室許可が出ます。その時点で、特殊清掃業者へ相談連絡して、訪問調査による見積もりをとってもらいます。


ちなみに電話連絡だけであれば、入室許可を受ける前に可能です。現場の状況を伝えておくことで、大まかな予算を確認できます。


消毒・消臭作業

特殊清掃の作業前は部屋に残った異臭、虫や菌などによる感染症予防のために、消毒・消臭作業を実施します。


特殊清掃・遺品整理

消臭作業後は、薬剤散布やコーティングなどを含む清掃作業、そして遺品整理を行います。特殊清掃は薬剤散布なども必要のため立ち会うことは難しいものの、遺品整理であれば立ち会うことができます。


原状回復の作業

床下や壁の内側にまでさまざまな成分が浸透・腐食していると、表面を清掃しても臭いを完全に除去することができません。また、虫が湧いてしまうなど、新たなトラブルの原因にもつながります。そのような場合には、該当箇所を解体し、リフォーム工事も行うのが特徴です。

そして現状回復が済んだ後は、消臭・消毒作業を再度実施し全作業完了となります。

青森県の市区町村から特殊清掃業者を探す