福井県の特殊清掃・孤独死清掃に対応しているおすすめの業者

福井の特殊清掃の相場

料金の目安
1K 38,750円〜
1DK 62,000円〜
1LDK 85,500円〜
2DK 112,000円〜
2LDK 145,300円〜
3DK 171,000円〜
3LDK 174,000円〜
4LDK 245,000円〜

※亡くなった場所や、亡くなってからの経過時間、消臭が必要な箇所などで料金は変動します。あくまで目安として参考にしてください。

福井の特殊清掃事情

住宅と空き家
住宅数 325,000
空き家数 45,000
空き家率 13.8%

出典:平成30年住宅・土地統計調査


年齢別人口数
年齢 総数
総数 767,742 373,136 394,606
75歳以上 121,797 47,226 74,571
75歳以上率 15.9% 12.7% 18.9%

出典:福井県の年齢別人口(平成31年・令和元年)


世帯数
総数 275,000
75歳以上単独世帯数 14,000
75歳以上単独世帯率 5.1%

出典:日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)


福井の住宅数は325,000戸、そのうち空き家が45,000戸、空き家率は13.8%となっています。

全国の空き家率の平均が13.6%ですので、福井は全国平均と同等の空き家率と捉えることができます。


人口の総数は767,742人、75歳以上が131,734人、75歳以上率は15.9%です。

後期高齢者(75歳以上)の割合は全国平均である14.2%と比べて高く、高齢化の進行が伺えます。


世帯数は275,000、後期高齢者の単独世帯数は14,000、後期高齢者の単独世帯率5.1%となっています。


単独世帯数は平均的ですが、後期高齢者数は増加しているため、福井県でも孤独死が増加していく可能性はあります。

福井の特殊清掃業者の選び方

後期高齢者数が増加している福井県ですが、特殊清掃業者はそれほど多くありません。料金は他県より高い傾向にあるため、慎重に検討する必要もあります。


福井県で特殊清掃業者を選ぶ時は、料金に加えて以下に挙げるポイントも参考に特殊清掃業者を選んでみてください。


問い合わせや対応が丁寧か

利用者の多くが、慣れない孤独死への対応に不安を抱いています。このような事情を理解していて現場経験の豊富な業者は、電話問い合わせの時点でも真摯に対応してくれます。


さらに利用者に負担がかからないよう、手続きなども丁寧に説明してくれたり迅速に打ち合わせをしてくれたりフォローも欠かしません。


一方で悪質業者はぶっきらぼうな対応やマニュアル通りの返答しかしませんし、清掃技術も低いことが多いようです。まずは親身になって対応をしてくれるかどうかで、見積りの判断をしましょう。


料金の内訳を記載していて説明も丁寧かどうか

見積り作成の依頼まで進んだ場合は、料金の内訳を記載しているか、丁寧に説明してくれるかどうかまで確認しておきましょう。


優良業者は、利用者視点で作業内容や料金の内訳、各項目に含まれる専門用語の説明まで行ってくれます。さらに利用者の質問や疑問点にも、分かりやすく回答してくれるのが特徴です。


一方、料金の内訳を明記しない・質問に答えられない業者は、料金を高く見積もっているか、作業を一部簡略化することで料金を安く抑えている可能性もあるので、要注意です。


解体許可などの資格を持っているか

見積りにも問題がないもののどうしても依頼するか悩んでしまう場合は、資格の有無も判断基準に入れてみてはいかがでしょうか。


特殊清掃業務では、解体許可の資格も必要です。なぜなら、床材などが血液や虫などによって腐食した場合、解体・リフォームまで行わなければいけません。しかし、解体許可のない特殊清掃は表面の清掃しか対応できないため、別途業者へ依頼する手間とお金がかかります。


他にも遺品整理には廃棄物処理法が関与するので、関連知識を習得している遺品整理士の資格保有の有無も重要なポイントです。遺品整理士や解体許可の有無、遺品整理の作業手順や回収後の処理について説明してくれるかどうかも確認してみてください。


福井の特殊清掃でよくありがちなトラブル

異臭の除去が不十分

特殊清掃業者の中には、異臭を適切に除去できない技術力の低い業者も存在します。


また、床下まで体液や血液が浸透・部材が腐敗している場合、解体作業を伴う清掃でなければ、異臭を完全に除去することができません。


このように表面しか清掃できない・異臭の除去ができない業者にあたってしまうと、再依頼による無駄な時間とお金がかかるので気を付けましょう。


技術トラブルに遭わないためには、事前に各業者の作業実績を確認しておきましょう。また、安過ぎる料金を提示してくる業者は、手抜きやをしている可能性もあるため依頼を避けましょう。


なお、きちんと清掃しても、1回の処理だけでは匂いが残ってしまう現場もあります。優良業者はアフターサービスも用意しているので、再清掃に関するアフターサービスについても確認してみましょう。


見積もりにない料金の追加請求

悪質な業者の中には、見積もりでは相場通りの料金でも作業後に高額な料金を請求してくるケースがあります。


そのような業者は、あの手この手で言い訳をしますし、見積書に追加料金に関する項目を小さく記載している場合もあります。そのため、見積書は注釈を含む全ての項目を確認し、不明な項目・疑問点は積極的に業者に質問しましょう。


無神経な言動や態度でショックを受ける

依頼者が身内のご遺体を見てショックを受けているにもかかわらず、無神経な言動・コミュニケーションを取るケースも存在します。


評判の良い業者は、さまざまな不安や悲しみを抱えている依頼者に対して、親身になって対応しているのが特徴です。また、分かりやすい言葉で、業務の流れを説明したりサポートしたりしてくれるので、手続きに関する負担を軽減してくれます。


問い合わせの電話対応・訪問調査時の対応が丁寧でなければ、トラブルに発展する可能性もあるので注意してください。


福井で特殊清掃を依頼する流れ

遺体の発見・警察への通報

ご遺体が発見されたときは、ご遺体や周辺の物には触れず、速やかに警察へ通報しましょう。


警察は、現場へ到着次第現場検証を行い、事件性の有無などを判断します。なお、現場検証時は親族でも立ち入ることはできません。


業者への連絡と訪問調査・見積もり提示

警察から入室許可が出た場合は、特殊清掃業者へ清掃業務の問い合わせと現状を伝え、訪問調査の日時調整を行います。後日、現場で調査を行い、清掃作業の日数や費用を計算、提示してもらいます。


速やかに大まかな予算を確認したい時は、連絡のみであれば入室許可以前でも可能となっています。さらに、現場の状況を簡単に伝えるだけで、大まかな作業日数や作業内容なども教えてもらえます。


消毒・消臭作業

特殊清掃業者は、事前に指定した日時に現場へ訪問し、遺品整理の前に異臭除去や感染症予防のために、部屋全体の消毒・消臭作業を実施します。


消毒・消臭作業には、濃度の高い二酸化塩素など専用の薬剤を使用します。など、現場の状況によっては、数日かけて消毒・消臭しなければいけません。


特殊清掃・遺品整理作業

部屋全体の消毒・消臭後は、床や壁・家具・家財道具などの清掃作業、および遺品整理作業を進めます。ちなみに遺品整理と清掃作業は、業者によって前後します。


清掃作業は、流れ出した体液や血液などの汚染具合に応じて、清掃作業後に親族へ貴重品などを渡したり回収・処分したりします。


原状回復工事

ご遺体の状況や周辺環境によっては、床下や壁の内側にまで腐食が進んでいるケースもあります。このような状況の場合、表面の清掃では異臭を完全に除去できませんし、床材が腐食している可能性もあります。


そこで腐食や異臭の強い箇所は、解体・リフォーム工事を行い異臭やシミ・腐食といった問題を改善します。原状回復工事後は、オゾン脱臭機などで消毒・消臭を行い清掃業務完了です。

福井県の市区町村から特殊清掃業者を探す