富山県の特殊清掃・孤独死清掃に対応しているおすすめの業者

富山の特殊清掃の相場

料金の目安
1K 36,000円〜
1DK 60,000円〜
1LDK 90,000円〜
2DK 113,000円〜
2LDK 147,500円〜
3DK 168,000円〜
3LDK 192,500円〜
4LDK 250,000円〜

※亡くなった場所や、亡くなってからの経過時間、消臭が必要な箇所などで料金は変動します。あくまで目安として参考にしてください。

富山の特殊清掃事情

住宅と空き家
住宅数 454,000
空き家数 60,000
空き家率 13.2%

出典:平成30年住宅・土地統計調査


年齢別人口数
年齢 総数
総数 1,050,246 509,458 540,788
75歳以上 170,352 64,416 106,186
75歳以上率 16.2% 12.6% 19.6%

出典:平成30年富山県の人口


世帯数
総数 382,000
75歳以上単独世帯数 19,000
75歳以上単独世帯率 4.9%

出典:日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)


富山の住宅数は454,000戸、そのうち空き家が60,000戸、空き家率は13.2%となっています。

全国の空き家率の平均が13.6%で、富山は全国平均に近い数値で推移しています。


人口の総数は1,050,246人、75歳以上が170,352人、75歳以上率は16.2%です。

後期高齢者(75歳以上)の割合は全国平均の14.2%と比べて高い数値を記録しています。また、特に女性の後期高齢者率が、19.6%と平均を大きく超えています。


世帯数は382,000、後期高齢者の単独世帯数は19,000、後期高齢者の単独世帯率4.9%となっています。


特に後期高齢者の数が増加傾向にあるものの、単独世帯の割合は全国平均に留まっています。

富山の特殊清掃業者の選び方

後期高齢者数が増加している富山県では、富山市に業者が集中しています。ただ、業者の多くは出張見積り・依頼にも対応しているので、富山市以外に住んでいる方も依頼できます。


複数の特殊清掃業者から選ぶときは、どこに注目すればいいのか悩むかと思います。その場合は、以下に挙げるポイントを参考に、比較してみてください。


丁寧な対応をしている

優良な特殊清掃業者は、問い合わせの段階で丁寧に訪問調査から作業までの流れを説明します。また、依頼者の心情を理解しながら、分かりやすく説明してくれるのも大きな特徴です。


しかし、一部の悪質な業者は問い合わせの段階で冷たい対応・態度を取るため、不明点を質問しても回答をもらえないことも。


丁寧に対応してくれる業者を選ぶためには、まず問い合わせの対応や態度を確認しましょう。


料金の内訳をオープンにしている

特殊清掃にかかる費用は、消毒・消臭や清掃など複数の項目から成り立っています。そして、優良業者の多くは、利用者の疑問を少しでも取り除けるよう、各作業にかかる料金を詳しく記述しています。


しかし、一部の悪質な業者は、総額表示で済ませるケースもあるため、どこにどのような料金がかかっているのか分かりません。また、高過ぎる料金であったとしても、内訳が隠されていると確認しようがありません。


料金を比較する際は、見積書の料金を見る前に、内訳をオープンにしているかも確認するのが大切です。


解体許可など資格を持っているか

特殊清掃業者を選ぶ場合は、保有資格についても確認しましょう。


たとえば、遺品整理士の資格があれば、廃棄物処理法や遺品の仕分け・適切な処理方法などの知識を有しているため、安心して依頼できます。公式サイトなどから、遺品整理士の有無についても確認してみてください。


さらに遺品整理時には買取サービスも提供している業者がほとんどです。買取には古物商許可が必要ですので、古物商許可番号を公式サイトや店舗・公安委員会のサイトなどで確認してみるのも重要です。万が一古物商許可番号が見当たらない場合は、無許可で買取を行っている可能性もあるので依頼を避けましょう。


富山の特殊清掃でよくありがちなトラブル

異臭が残った状態で作業終了

技術力の低い業者は、消毒・消臭作業が不十分な状態で作業を終えてしまいます。さらに解体許可を受けていない業者ですと、床下や内壁まで染み込んだ体液や血液・異臭の処理に必要な解体工事ができません。


このように適切な清掃ができない業者では、再依頼の必要があり時間とお金を無駄にしてしまいます。再依頼トラブルに遭わないためには、事前に業者の作業実績を確認し清掃業務の経験が豊富かどうか確認しておきましょう。


確認方法としては公式サイトの作業実績を閲覧しておく、もしくは問い合わせ時に直接作業方法・疑問点を聞いてみてください。また、1回の作業で異臭を除去できない場合に、アフターサービス・サポートもあるか確認しておきましょう。


見積もりを大幅に超える料金請求

悪質な業者は作業品質よりも利益を追求するため、見積もり額を超える高額な追加料金を請求してきます。さらに、後から言い逃れができるよう見積書に「現場の状況によります」などといった文章を記載しています。


見積もりの際は、各項目や注釈などを細かく確認しておきましょう。


無神経な言動や態度

どんなに作業実績が豊富でも、冷たい言葉・態度の業者に依頼してしまうと無駄なストレスを抱え込むことにつながります。


優良な特殊清掃業者は、依頼者の心情を分かった上で親身に対応してくれますし、問い合わせの段階から、丁寧に状況を聞き取ってくれます。そのため、余計なストレスを受ける心配はありません。


問い合わせの時点で冷たい対応を行ってくる場合は、後々トラブルに発展する可能性もあるので注意してください。


富山で特殊清掃を依頼する流れ

遺体の発見・警察への通報

「昨日から連絡が取れない」、「久しぶりに会いに行ったら亡くなっていた」など、さまざまなきっかけでご遺体を発見することがあります。


ご遺体を発見した際は、速やかに警察へ通報し現場検証などを実施してもらう必要があります。なお、現場検証では事件性の有無を判断するため、身内でも現場に立ち入ることはできません。


業者への見積もり依頼

警察の現場検証が完了し、入室許可も出た後に、特殊清掃業者へ連絡して訪問調査と見積もりを作成してもらえます。なお、詳細な見積もり作成や契約手続きは、現場へ訪問してもらう必要があるので、入室許可以前には依頼できません。


ただし問い合わせのみであれば入室許可以前でも可能です。問い合わせだけでも、プロの視点から大まかな予算や作業日数を教えてもらえます。


消毒・消臭作業

依頼成立後、指定した日時に改めて現場にて作業を始めてもらいます。特殊清掃を始めるときは、匂い除去や感染症予防のために、まず消毒・消臭作業を実施します。


なお、通常の脱臭剤では腐敗臭を除去できないため、業者向けの濃度の高い二酸化塩素やオゾン脱臭機を使用します。


特殊清掃・遺品整理作業

部屋全体の消毒・消臭作業が完了した後は、家具や家財道具などの仕分けと清掃作業を行います。


清掃作業では、家具などに付着した体液や血液、虫の除去など状況に応じて清掃、もしくは回収・処分してもらいます。そして遺品整理作業では状況に応じて利用者が立ち合い、物品の引き渡しや確認なども行います。


原状回復工事

床下や壁の内側や下の階にまで腐食が進行していると、異臭や虫の除去、完全な消臭ができません。そこで特殊清掃業者は、該当箇所を解体・リフォームといった原状回復工事も行っています。また、リフォーム後は、再度消臭・消毒を行い作業完了です。

富山県の市区町村から特殊清掃業者を探す