東京都の特殊清掃・孤独死清掃に対応しているおすすめの業者

東京の特殊清掃の相場

料金の目安
1K 37,000円〜
1DK 57,000円〜
1LDK 81,000円〜
2DK 110,000円〜
2LDK 137,000円〜
3DK 164,000円〜
3LDK 188,000円〜
4LDK 235,000円〜

※亡くなった場所や、亡くなってからの経過時間、消臭が必要な箇所などで料金は変動します。あくまで目安として参考にしてください。

東京の特殊清掃事情

住宅と空き家
住宅数 7,667,000
空き家数 809,000
空き家率 10.6%

出典:平成30年住宅・土地統計調査


年齢別人口数
年齢 総数
総数 13,834,925 6,805,301 7,029,624
75歳以上 1,638,195 639,168 999,027
75歳以上率 11.8% 9.4% 14.2%

出典:住民基本台帳による東京都の世帯と人口


世帯数
総数 6,382,000
75歳以上単独世帯数 336,000
75歳以上単独世帯率 5.3%

出典:日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)


東京の住宅数は7,667,000戸、そのうち空き家が809,000戸、空き家率は10.6%となっています。

全国の空き家率の平均(13.6%)と比べるとかなり低く、東京は空き家率が低い地域と言えます。


人口の総数は13,834,925人、75歳以上が1,638,195人、75歳以上率は11.8%です。

後期高齢者(75歳以上)の割合は全国平均の14.2%よりも非常に低く、全国的に見ても東京は後期高齢者の割合は少なめの地域と言えるでしょう。


世帯数は6,382,000、後期高齢者の単独世帯数は336,000、後期高齢者の単独世帯率5.3%となっています。


日本全体において後期高齢者数・単独世帯数ともに増加傾向にありますが、東京でも後期高齢者の数、単独世帯数ともに増加が見られています。空き家率や後期高齢者の割合は低いですが、元々の人口が多いため、孤独死の件数自体は非常に多いと考えることができるでしょう。

東京の特殊清掃業者の選び方

東京は日本全体の平均より後期高齢者数・空き家の割合は低いですが、人口が多く、特殊清掃を請け負う業者も多い地域です。競合業者が多いため、料金は全国平均よりもやや低めで、特殊清掃業者が少ない地域よりは安価に依頼できる可能性が高いでしょう。


特殊清掃業者を選ぶ時は、相場よりも割高ではないのかも大切なポイントになりますが、その他にもチェックしておきたいポイントがあります。押さえておきたいポイントを紹介するので、ぜひ業者選びの参考にしてください。


スタッフの対応は親切か

スタッフの対応が親切なら、気持ちよく作業を依頼することができます。また、感じの良いスタッフが揃っている業者は社員教育が行き届いているため、仕事も丁寧なことが多いです。


料金の内訳が明瞭か

適当な見積もりを行う業者には注意が必要です。「清掃一式」や「その他経費」などと内訳をぼかして記載している場合には、手抜き作業を行う可能性がないとは言えません。後でトラブルを招かないためにも、細々とした料金まで明確に提示する業者を選びましょう。


資格の有無

特殊清掃をしてもらってから、空き家や空き部屋の遺品整理や廃品処理をしてもらいたいと考えている方も多いでしょう。依頼したいサービスに応じた資格を有しているかについても、業者のホームページ等でチェックしておくことをおすすめします。

遺品整理を依頼するなら、遺品整理士が在籍する業者が良いでしょう。廃棄物処理法を理解したスタッフが、丁寧に遺品を仕分けてくれることを期待できます。また、古物商許可証を有する業者なら、不用品を適切な値段で買い取ってもらえることがあります。少しでも特殊清掃にかかる費用を抑えたい方は、古物商許可証の有無も確認しておきましょう。


東京の特殊清掃でよくありがちなトラブル

異臭が消えない

特殊清掃が必要な部屋からは、悪臭がすることがあります。汚れを完璧に落とせば異臭は消えますが、1週間を過ぎても異臭が残っている場合には、臭いの元になる汚れが完全には取れていない恐れがあります。ホームページ等に掲載されている作業実績や見積もり時に見せてくれる写真等も参考にして、技術力の高い業者を選びましょう。


請求額と見積額に大きな差がある

清掃してみないと分からない部分もあるため、請求額と見積額に少々の違いがあるのは仕方のないことです。しかし、あまりにも大きな差がある場合は、良い業者とは言えません。見積書に「状況によっては異なることもあります」と但し書きが記載されている場合には、どのような費用がかかる恐れがあるのか、またいくらくらい高くなることがあるのか確認しておきましょう。


非常識な言動

非常識な言葉や態度のスタッフがいる業者も、避けるほうが良いでしょう。依頼主は、近親者の死などの辛い状況に置かれているため、普段よりも傷つきやすくなっています。不快な思いをしないためにも、気持ちに寄り添ってくれる業者を選ぶようにしましょう。


東京で特殊清掃を依頼する流れ

遺体発見・警察への通報

ご遺体を発見した時は、まずは警察に通報してください。警察に事件性の有無を検証してもらってから、特殊清掃などを進めていきます。なお、現場検証中は家族であっても現場に立ち入ることはできません。


業者の見積もり

警察の現場検証が終わり、立ち入り許可が出た後で、特殊清掃業者に見積もりを実施してもらいます。ただし、特殊清掃業者への電話連絡だけなら、現場検証前に行うことができます。早めに清掃作業に取り掛かってもらうためにも、できれば事前に電話をしておきましょう。


消毒・消臭

特殊清掃作業の前に、通常は現場の消毒・消臭作業が実施されます。消毒・消臭作業を丁寧に行うことで、腐敗物や害虫などによってスタッフが感染するリスクを下げることができます。


特殊清掃・遺品整理

消毒・消臭作業後に特殊清掃作業が始まります。遺品整理を依頼した場合には、清掃作業が完了してから整理作業に移ります。宝飾品や現金などが遺品に紛れていることもあるので、依頼主は必ず遺品整理に立ち会いましょう。


原状回復作業

汚れや腐敗が床下や壁裏まで広がっている場合には、床材・壁材を取り替えて、徹底的に清掃してもらいます。新しい床材・壁材で原状回復した後に、再度消毒・消臭を行ってすべての作業が完了します。


東京都の市区町村から特殊清掃業者を探す