北海道の特殊清掃・孤独死清掃に対応しているおすすめの業者

北海道の特殊清掃の相場

料金の目安
1K 35,000円〜
1DK 42,000円〜
1LDK 60,000円〜
2DK 80,000円〜
2LDK 100,000円〜
3DK 130,000円〜
3LDK 140,000円〜
4LDK 235,000円〜

※亡くなった場所や、亡くなってからの経過時間、消臭が必要な箇所などで料金は変動します。あくまで目安として参考にしてください。

北海道の特殊清掃事情

住宅と空き家
住宅数 2,807,200
空き家数 379,800
空き家率 13.5%

出典:平成30年住宅・土地統計調査


年齢別人口数
年齢 総数
総数 5,267,762 2,488,629 2,779,133
75歳以上 838,877 317,074 521,803
75歳以上率 15.9% 12.7% 18.8%

出典:住民基本台帳による北海道の世帯と人口


世帯数
総数 2,418,000
75歳以上単独世帯数 147,000
75歳以上単独世帯率 6.1%

出典:日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)


北海道の住宅数は2,807,200戸、そのうち空き家が379,800戸、空き家率は13.5%となっています。

全国の空き家率の平均が13.6%であることから、北海道は平均的な空き家率の地域と言えます。


人口の総数は5,267,762人、75歳以上が838,877人、75歳以上率は15.9%です。

後期高齢者(75歳以上)の割合は全国平均の14.2%より高く、北海道は後期高齢者が多い地域と言えるでしょう。


世帯数は2,418,000、後期高齢者の単独世帯数は147,000、後期高齢者の単独世帯率6.1%となっています。


日本全体と同様、北海道も後期高齢者の数、単独世帯数はともに増加傾向にあり、孤独死の数も増加しているのが実情です。

北海道の特殊清掃業者の選び方

後期高齢者数など各種指標が増加している北海道では、特殊清掃を請け負う業者数も多く、比較的安くサービスを受けることができます。

とはいえ、業者数が多いと依頼に迷ってしまうのも事実です。迷った時は、以下に挙げるポイントを参考に特殊清掃業者を選びましょう。


対応が親切か

孤独死に向き合う機会は、そう多くはありません。そのため、ほとんどの方は特殊清掃に依頼する機会も多くはないでしょう。利用者が不安を抱いていることを理解し、電話での問い合わせにも親切に対応してくれる業者を選びましょう。

対応の親切さは、仕事の丁寧さにもつながります。誠実な業者かどうか見極めてから、仕事を依頼することが大切です。


料金の内訳は明朗か

見積書に料金の内訳が明確に記載されている点も重要です。


特殊清掃では何を行うか関係者以外には分かりにくいからこそ、誠実な業者なら料金の内訳を明確にし、納得できるまで丁寧に説明してくれます。

分からないところを質問した時に曖昧に回答する業者や、項目が大雑把な業者は、もしかしたら料金も適当に決めているかもしれません。


資格を持っているか

資格の有無も参考にすることができます。例えば遺品を整理する際には、廃棄物処理法が関与してきます。遺品整理士が作業を担当してくれるなら、廃棄物処理法を理解し、遺品を丁寧に仕分けてくれるでしょう。

また、不用品を買い取ってくれると、料金を抑えることができます。買取を行うには古物商許可が必要なので、古物商許可番号が記載されているかどうかも確認してください。


北海道の特殊清掃でよくありがちなトラブル

臭いが残る

技術力の低い業者が特殊清掃を行うと、異臭が残ってしまい、周囲から苦情が来て再度清掃を行わなければならない可能性もあります。表面だけでなく床下や壁の内側まで清掃してくれる業者を選びましょう。

事前に業者の作業実績を確認しておくなら、臭いのトラブルを回避しやすくなります。また、一定期間内のアフターサービスを実施している業者なら、トラブルが起こった場合も安心です。


見積額と請求額が異なる

見積もりよりも高額な料金を請求されてしまうケースがあります。見積書に「現場の状況によります」などといった文言が記載されているときは注意が必要です。見積書を丁寧に確認し、不明な項目がある場合は業者に質問して、後でトラブルにならないようにしておきましょう。


無神経な言動

孤独死の現場は、身内にとってはショッキングな状態であることが多いです。しかし、特殊清掃業者が気持ちに寄り添って対応してくれるなら、少しは癒されることもあるかもしれません。

特殊清掃業者の中には、依頼主に対して無神経な言動を取る業者もあります。無用に傷つかないためにも、問い合わせ時や見積もり時の対応を厳しくチェックして、親切な業者を選ぶようにしましょう。


北海道で特殊清掃を依頼する流れ

遺体の発見・通報

連絡が取れないときや家から異臭がするときなど、さまざまなきっかけでご遺体が発見されます。

ご遺体が発見されたときはすぐに警察に通報し、警察による現場検証がおこなわれます。事件性の有無などが判断されている間は、たとえ親族であっても立ち入りは禁じられます。


業者への連絡と見積もり

警察より入室許可が出たら、特殊清掃業者に連絡して見積もりをとってもらいます。

なお、特殊清掃業者への連絡だけなら、警察が入室許可を出す前にすることも可能です。現場の状況を伝えることで、予算の目安を教えてもらえることもあります。


消毒・消臭

特殊清掃作業を開始する前に、臭い除去や感染症予防のために、消毒・消臭作業が行われます。


特殊清掃・遺品整理

清掃作業および遺品整理作業を行っていきます。

流れ出した体液や血液などの汚染具合に応じて、清掃作業の時間や費用が異なります。


原状回復工事

床下や壁の内側にまで汚染が進行しているときは、表面の清掃だけでは臭いを完全に除去することは困難です。該当箇所を解体して、必要に応じてリフォーム工事を行います。

すべての作業が終了したら、再度消毒・消臭を行って完了です。なお、臭いが完全になくなるまでには1週間ほどかかることもあります。


北海道の市区町村から特殊清掃業者を探す