遺品整理はいつからするべき? おすすめのタイミングと具体的な手順を解説

遺品整理をおこなうタイミング

家族や親族が亡くなったばかりのときはお葬式や弔問客との応対などで忙しく、遺品整理までは手が回らないものです。しか>、準確定申告や相続税の支払いがあるので、あまり悠長に構えていることもできません。遺品整理の適切なタイミングについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。


四十九日を終えてから

仏教では、故人の魂は死後49日間は現世をさまよっていると考えます。遺品整理は故人の魂があの世に行ってから、つまり、四十九日の法要を終えてからするのがキリが良いかもしれません。
通常、49日以内に葬儀や弔問客の来訪も終わるので、落ち着いたタイミングとも言えるでしょう。ただし、故人が仏教徒以外であったときは四十九日を意識する必要はありません。


葬儀後すぐ

「辛すぎて、何かしていないと落ち着かない」という方なら、葬儀後すぐに少しずつ遺品整理を始めていくのもおすすめです。
書類や洋服、小物などの整理といった簡単にできることだけ取り組んで、たんすを運び出すなどの難しい部分だけを業者に依頼しても良いかもしれません。遺品整理の立ち合いOKの業者なら、1つ1つのものにお別れを告げつつ、労力が必要な作業をお任せすることもできます。


相続税の手続きを開始するまで

四十九日の辺りも忙しい場合は、相続税の手続きを開始するまでに遺品整理に取り掛かるのはいかがでしょうか。相続税の手続きは通常は死後10ヶ月以内、故人の確定申告手続き(準確定申告)は通常死後4ヶ月以内に行うので、遅くとも亡くなってから4ヶ月以内に遺品整理を終えたいです。
ただし、遠方に相続人がいるときなどは予想以上に相続手続きに手間取るので、できるだけ早めに遺品整理を開始するほうが良いでしょう。早めに遺品整理に着手することが難しいときは、相続の対象になりそうな土地権利書や宝飾品類、預貯金だけを先に整理してしまいましょう。


賃貸物件はいつまでに遺品整理をおこなうべき?

故人が持ち家に住んでいた場合なら、遺品整理の時期を都合に合わせて選ぶことができるでしょう。しかし、故人が一人で賃貸住宅に住んでいた場合なら、あまりゆっくりとは遺品整理ができないかもしれません。住宅によっていつまでに解約手続きをしなくてはいけないかが決まっているため、まずは大家さんや管理会社に問い合わせてください。


死後3ヶ月以内が一般的

公営住宅では、契約者が死亡した場合は死後3ヶ月以内に解約手続きをして退去することが一般的です。また、民間の住宅でも、死後3ヶ月以内に解約・退去することが一般的です。
とはいえ、住宅によるので、必ず大家さん等に問い合わせるようにしてください。故人の貸借権は相続人に相続されるため、契約で決められていた日までに退去しない場合は相続人が退去費用や違約金を支払わなくてはいけません。


ごみ屋敷・孤独死・自殺は早期退去を要求される

ごみ屋敷・孤独死・自殺のケースに関しては、契約で決められていた日よりも早期退去を要求されることがあります。早期退去を請求された場合は、数日以内に遺品整理を実施し、退去手続きを済ませてください。
ただし、早期退去に関しても、住宅ごとにルールが異なります。必ず大家さん等に問い合わせ、適切な時期までに遺品整理を完了させるようにしましょう。


遺品整理の流れ

手当たり次第に遺品を整理するのでは、相続トラブルを招く恐れがあります。必ず以下の流れで進めていきましょう。


<遺品整理の手順>

  1. エンディングノートや遺書、重要書類を探す
  2. 相続人で集まって、遺書を確認する
  3. 形見分けをする
  4. その他の遺品を整理する

1.エンディングノートや遺書、重要書類を探す

エンディングノートや遺書、土地権利書などの重要書類は、相続手続きに不可欠です。まずはこれらの重要書類を最初に探して集めておきましょう。故人に顧問弁護士などがいるときは、書類を探す前に連絡してください。


2.相続人で集まって、遺書を確認する

後で揉め事にならないためにも、できれば全員でエンディングノートや遺書を確認しましょう。顧問弁護士がいる場合は。必ず同席してもらいます。また、遠方に相続人がいる場合は、葬儀のときまでに遺書等を用意しておくようにしてください。何度も遠いところから足を運んでもらわずに済みます。


3.形見分けをする

故人の思い出となるものを、形見分けします。なお、形見分けは基本的には相続とは別に行いますので、あまりにも高価なものはきちんと相続人や親戚を含めて話し合うようにしてください。


4.その他の遺品を整理する

相続するものと形見分けを除き、必要ではないと判断できるものは処分します。遺品が多い場合は、遺品整理業者を利用するのもおすすめです。


遺品整理の方法

遺品整理の方法は人それぞれです。一般的な方法とメリット・デメリットを紹介するので、もっとも適切だと思われる方法で遺品整理を進めてください。


遺族がすべて整理する

ずっと一緒に住んでいた場合や、こまめに会っていた場合なら、洋服の1つでも故人との思い出の品です。時間を取れる遺族がいる場合は、遺品整理のすべてを遺族が取り仕切るのも良いでしょう。丁寧に作業をすることで、現金や宝飾品などの思わぬ高価なものが見つかることもあります。


書類と貴重品、形見分け以外は業者に依頼する

重要書類と宝飾品などの貴重品、形見分け以外は業者に依頼するという方法もあります。遺族の方が皆忙しい場合でも、重要書類等だけを探すのなら、あまり時間をかけずにできるのではないでしょうか。
重要書類などがどこに片付けられているのか予め分かっている場合なら、さらに手早く必要なものを取り出して、遺品整理業者に一任することができます。「すべてを遺品整理業者に任せてしまうのでは、紛失や盗難のリスクがありそう…」と不安に感じる方にもおすすめの方法です。


すべて遺品整理業者に依頼する

信用できる遺品整理業者を選び、重要書類探しや遺書探しなどからすべてお任せすることもできます。ただし、万が一のこともあるので、必ず遺品整理作業に立ち合うようにしてください。
立ち合いを嫌がる業者には、どんなに料金が安いとしても依頼をしてはいけません。悪徳業者の恐れがあるため、料金以上に損をする可能性もあるからです。誠実かつ信頼できる業者なら、喜んで立ち合いを勧めてくれるでしょう。
また、2社以上の業者から見積もりを取り、納得できる料金で依頼することも大切です。故人との思い出を美しいままで残すためにも、良心的な遺品整理業者を探し、きれいに最後の片付けをしてもらいましょう。


遺品整理は相続税の手続きを始めるまでに!

さまざまな手続きなどがあり、遺品整理まではなかなか手が回らないですが、遅くとも相続税の手続きを行う亡くなってから4ヶ月以内には遅くとも遺品整理を終わらせておきましょう。 とはいえ、上記さえ守ればいつ対応しても問題はありません。ご自身の整理がついたタイミングや都合のよいタイミングで進めていきましょう。