特殊清掃の料金相場はいくらぐらい? 賢く業者を選ぶ方法も解説

特殊清掃の料金相場

特殊清掃の料金は、清掃する場所の間取りに応じてざっくりと基本料金が決まり、その後、どのような作業が必要かによって追加料金が決まります。ただし、都市部は競合業者が多いため、以下の料金よりも低めに決まることもあります。


<特殊清掃の基本料金>

清掃する場所の間取り 料金相場
1K・ワンルーム 50,000~60,000円
1DK 60,000~80,000円
1LDK 80,000~100,000円

<特殊清掃のオプション料金>

床上のみの清掃 30,000円~
畳の撤去 3,000円/1枚~
フローリング等の床材の張り替え 50,000円/10㎡~
汚物処理 20,000円~
害虫除去 10,000円~
人件費 20,000円/1人~

遺品整理を伴うときは料金が割り増しされる

特殊清掃だけでなく遺品整理も含まれる場合は、整理する遺品のある場所の間取りに応じて料金が割り増しされます。ただし、不用品買取サービスを実施している業者に依頼すれば、ブランド品や使用可能な家電を買い取ってもらい、トータルの費用を抑えることができます。
反対に、遺品中に廃棄するしかないリサイクル家電が含まれている場合は、別途、引き取り料金がかかり、トータルの費用がさらに高額になってしまいます。


<遺品整理をする場合の加算料金>

遺品整理をする場所の間取り 料金相場
1K・ワンルーム 30,000~80,000円
1LDK 60,000~120,000円
2LDK 90,000~160,000円
3LDK 150,000~300,000円
4LDK 180,000~400,000円
6LDK 200,000~500,000円

ごみ屋敷の場合も料金が割り増しされる

特殊清掃だけでなくごみ屋敷の片付けも依頼する場合は、特殊清掃料金だけでなくごみ屋敷の清掃費用も加算されます。整理する間取りによって料金が決まることが一般的ですが、ごみの量や運び出すトラックの大きさによっても料金が変わります。


<ごみ屋敷の整理をする場合の加算料金>

ごみ屋敷の間取り 料金相場
1K・ワンルーム 30,000~80,000円
1LDK 60,000~120,000円
2LDK 90,000~160,000円
3LDK 150,000円~
4LDK 180,000円~
6LDK 200,000円~

特殊清掃をしてから別業者にごみ屋敷の整理を頼むこともできます。見積もりを取り、作業内容や料金を比較してから選んでください。また、粗大ごみ回収業者によっては特殊清掃を引き受けていないことがあるので、事前に調べておきましょう。


特殊清掃ではどんなことをしてくれる?

特殊清掃と通常の清掃(ハウスクリーニング)とは何が違うのかご存知ですか? 特殊清掃で実施する作業について解説します。


<特殊清掃で実施する作業>

参照URL
https://www.clean-next.jp/service/what.html


汚物処理

特殊清掃では、通常の清掃では落ちない汚れや異臭がするものなどを清掃します。例えば長期間付着した血痕や汚物などを処理し、臭いの元を断ち切ります。処理する汚物が多い場合には、廃棄料金がかかることもあります。


汚れた部分の取り替え

フローリングや畳、壁の汚れが取り切れない場合は、床材・壁材自体の取替作業を行います。床材や壁材によっては数十万円単位の高額な料金が請求されるでしょう。また、床下まで汚れが染みている場合は土台の清掃も必要になるため、さらに高額になることもあります。


消臭作業

臭いに応じた薬剤を用いて、消臭作業を実施します。腐敗臭はすぐには取れないため、作業後、数日間は換気が必要になります。周囲から苦情が出る場合や梅雨の時期などの換気が難しいときは、臭いが完全になくなるまでに1週間以上かかることもあります。


害虫駆除作業

特殊清掃が必要な部屋では、害虫が発生していることも少なくありません。害虫に応じた薬剤を用いて駆除しますが、駆除する面積が広くなると料金も高くなります。例えば特殊清掃が必要な場所はキッチンだけでも、家全体にシロアリが出ているときなどは大掛かりな駆除作業が必要になり、十万円単位の追加料金を請求される可能性もあります。


特殊清掃の料金の構成要素

特殊清掃の料金は、通常のハウスクリーニングよりも高めです。しかし、高いのには理由があります。料金の内訳について見ていきましょう。


事務所・社用車の維持費

事務所と社用車の維持費にはお金がかかります。なお、清掃器材を運ぶため、現場へは社用車で向かうのが基本です。駐車場代や自動車税、ガソリン代や高速代、車検代、修理代も必要になってくるので、維持費分が料金に入っています。


清掃器材・薬剤の購入費

特殊清掃に用いる器材は高額なものが多いです。例えばスチームクリーナーで15万円以上、オゾン脱臭機で50万円以上が目安です。また、専用の薬剤を使用する必要があり、この薬剤も高額です。薬剤は消耗品なので一度買えば良いというものでもなく、さらにコストが高くなります。


人件費

特殊清掃作業は悪臭や不潔さ、感染リスクと戦う仕事なので、あまりにも低額の給与では誰も働きたがりません。ある程度以上の給料は必要とされている仕事なので、人件費もその分、割高になっています。


研究費

どうすればもっと汚れが落ちるのか、効率よく清掃できるのかを模索するため、業者が独自に薬剤や器材を研究することもあります。薬剤は消耗品なので、研究をすればするほどコストも高くなってしまいます。しかし、研究費にお金がかかるのは業者が真面目に仕事に取り組んでいる証拠でもあるので、ある程度は仕方のないことと言えるでしょう。


特殊清掃業者の選び方

特殊清掃業者の中には悪質な業者もあり、清掃のレベルが低いのに割高な料金を提示される可能性もあります。業者を賢く選ぶためにも、以下の3点をチェックしてください。


<優良特殊清掃業者を選ぶポイント>


細かく見積もりを出してくれ、追加料金の説明もしてくれるか確認する

大雑把な金額ではなく詳しい見積もりを出してくれるかどうか確認しましょう。とはいえ、床材の下まで汚れが染みているケースなどは清掃前に発見することが難しく、ある程度の追加料金が出るのは仕方がないことです。想定される上限請求額を教えてくれるなど、追加料金についても詳しく説明してくれる業者なら安心して任せられるでしょう。


対応が丁寧で、親切かどうか確認する

対応が丁寧でない業者は、清掃も丁寧ではない可能性が高いです。身近な人を失って傷心中の方に、丁寧に対応できない業者は優良業者とは言えません。親切かつ丁寧な業者を選ぶためにも、最初の電話の受け答えからチェックしていきましょう。


2社以上の業者から見積もりを取る

1社だけでは相場以上の料金を提示されても気付きません。必ず2社以上の業者から見積もりを取り、納得できる料金で仕事を依頼しましょう。無駄なコストを削減するためにも、見積もり無料の業者を利用することをおすすめします。


特殊清掃の料金相場を理解して優良業者に依頼しよう

めったに利用する機会のない特殊清掃はなかなか適正価格が分からないものです。また、特殊清掃への依頼は急を要するため、十分な検討ができないまま依頼することになります。そのような特殊清掃は相場以上の価格を請求されてしまうことも少なくありません。
この記事で紹介した相場や料金を構成する要素などを理解して、適正な価格で特殊清掃を依頼しましょう。