遺品整理の相場はいくら? 業者の選び方や料金を安くするコツも紹介

遺品整理の相場を紹介

遺品整理の料金は、整理作業を行う部屋の間取りで決まることが一般的です。ハウスクリーニングや特殊清掃などの遺品整理とは異なる作業が含まれる場合は、遺品整理の料金にオプション料金が加算されます。


遺品整理の料金は部屋の間取りによって異なる

整理する広さ 料金相場
1K・ワンルーム 30,000~80,000円
1LDK 60,000~120,000円
2LDK 90,000~160,000円
3LDK 150,000~300,000円
4LDK 180,000~400,000円
6LDK 200,000~500,000円

遺品整理の基本料金は部屋の広さによって決まることが多いです。業者によって価格に差はありますが、個室とキッチンだけ、もしくはワンルームの間取りなら30,000~80,000円程度です。そこから部屋数が増えるごとに高額になっていきます。
ただし、部屋があまりにも広い場合は料金が割り増しされることがあります。たとえば同じ3LDKでも、リビングが30畳もあるなら数万円料金が高くなるでしょう。
また、ゴミ屋敷になっている場合など、通常以上に物があふれているときも追加料金を請求される可能性があります。なお、都市部のほうが業者が多いため、価格が安くなる傾向にあります。


オプション料金

遺品供養 20,000円~
ハウスクリーニング 25,000円~
ごみ屋敷の対応 30,000円~

遺品整理を業者に依頼すると、整理作業とゴミの廃棄、簡単な清掃が基本セットになっていることが一般的です。しかし、基本以外の作業があるときは、オプション料金が加算されることがあります。
なお、料金が高めの業者では、オプション設定がなく、ハウスクリーニングやごみ屋敷の対応もすべて込みになっていることがあります。基本価格が安い業者よりもすべて込みの業者のほうが結局は割安というケースもあるので、基本料金ではなく見積もり後の料金で比較してください。


遺品整理の料金が決まる要素

同じ間取り、同じオプション利用、同じ業者でも、見積もり料金が異なることもあります。なぜこのようなことが起こるのでしょうか? 実際の料金を決定する要素について解説します。


遺品の多さ

整理するものが多いと、作業員の手間や作業時間も増えるため料金が高くなります。粗大ゴミ回収業者では、トラック積み放題プランなどの定額プランを利用できることがあるので、遺品が多い場合は利用してみましょう。
また、リサイクル家電などが遺品に含まれている場合は、処分費が別途発生します。まだ利用できるものなら、不用品買取サービスを実施している業者を選び、処分費を抑えるようにしましょう。


作業員の人数

作業員が多いと、人件費がかさむため料金も高くなってしまいます。料金を少しでも安く抑えたいなら、作業員が1人ないしは2人程度の業者を選ぶほうが良いでしょう。
とはいえ、作業員が多いと、素早く作業が終わるというメリットもあります。時間と料金のバランスを考慮し、納得できる業者を選択してください。


現場までの距離

業者の営業拠点が遺品整理をして欲しい場所から離れているときは、出張費などの割増料金を支払うことになります。業者によっては、高速代を請求されることもあります。できれば近くの業者に依頼しましょう。


清掃作業の有無

清掃作業も込みの業者は、割高のことがあります。遺品整理後、住宅を手放す予定なら、清掃作業は省いても良いかもしれません。
反対に、遺品整理後も住宅を保有する場合は、どの程度のクリーニングを実施してくれるのかについても調べておきましょう。「ハウスクリーニング込み!」と謳っているのにさっと掃くだけ…という業者もあるので要注意です。


遺品整理の費用を少しでもお得にする方法

遺品整理の費用をお得にしたい方は、ぜひ次の3点を実践してください。


<遺品整理費用をお得にするコツ>


不用品買取サービスを利用する

不用品買取サービスを実施している業者を利用すれば、ブランドものや、まだ利用できる家電などを買い取ってもらえることがあります。売れそうなものがあるときは、不用品買取サービスを実施しているかどうかも事前に確認しておきましょう。


複数の業者から見積もりを取る

相見積もりを取ることで相場感が理解でき、必要よりも高額な料金での契約を回避できます。面倒でも2社以上の見積もりを取り、比較して業者を選んでください。


整理できる部分は自力で行い、部屋数を減らす

遺品整理の基本料金は部屋数で決まることが一般的です。できるだけ自分で整理し、業者に依頼する部屋数を減らしましょう。
ただし、部屋数が少なくても処分品が多い(足の踏み場がないなど)ときは、割り増し料金がかかることもあります。ある程度すっきりと片付けておくことも、料金節約のコツです。


遺品整理業者の選び方

遺品整理業者の中には悪質な業者も存在します。賢く業者を見極めるコツを紹介するので、必ず確認してください。


<良心的な業者かどうかを見極めるポイント>


立会いを求めるかどうか

遺品の中には宝飾品や現金、証券などの高価なものが混じっていることがあります。必ず立会いを求める業者を選びましょう。当然のことですが、立会いを拒否する業者は論外です。


見積もりが明瞭かどうか

無料見積もりがあっても、「詳しいことはしてみないと分からない」といって詳細な金額を言わない業者はNGです。見積もりと大きくかけ離れた料金を請求されることがあります。
請求金額の根拠をきちんと説明してくれる業者を選びましょう。
追加料金はないことが望ましいですが、どうしても追加料金がかかる可能性があるときは具体的にどの程度までかかるか最大の料金を教えてくれるかどうかで判断してください。
「即決したら10%オフ」などと契約を急がせる業者にも注意が必要です。2社以上の見積もりを取って比べてから決定するようにしましょう。


遺品整理士が在籍しているかどうか

単なる不用品ではなく故人の想いが詰まった「遺品」を整理するので、きちんと対応できる遺品整理士が在籍しているとより安心です。
遺品整理士とは、一般社団法人遺品整理士認定協会の認定資格で、廃棄物やリサイクル品に関する各法規制を学び、遺品整理業に対して正しい知識を持っている人のことです。また、供養に対する認識を持ち、想いをこめて遺品を取り扱う人でもあるので、大切な遺品を安心して任せられます。


遺品整理の相場を理解して適切な業者を選ぼう

遺品整理業者の相場や、優良業者を選ぶコツを紹介してきました。遺品整理業者の中には悪徳業者も一定数おり、高額請求されてしまうケースもあります。
この記事で紹介した相場や料金の根拠、業者の選び方などを理解しておけば、悪徳業者の被害にある危険性は下がります。
故人の遺品整理で嫌な思いをしないようにぜひ参考にしてみてください。